<< クリスマスローズ | main | 里の春、山の春 >>

ゼラニウム



コロナウイルスの感染が広がっていて心配です。
皆様、どうぞお気をつけください。

ホームセンターにゼラニウム(苗)があったので、春の気分になるかなと
思い買いました。

絵の具でゼラニウムという色が昔からあって、油彩を始めた高校生の頃は
花の名前とは知りませんでした。
ゼラニウムの花はいろいろな色がありますが、絵の具には赤が選ばれたようです。
原種が赤だったのか、一番人気の色だったのか 理由は分かりません。
日本に来たのは江戸時代だそうで、天竺葵という名で親しまれたそうです。
江戸庶民、洋ものも自然に受け入れていたんですね。

花の色はきれいなのですが、葉の匂いが強く苦手な人もいるようです。
虫が匂いを嫌うのでヨーロッパでは虫よけに使ったそうです。
「FISH GERANIUM」という英名は魚の匂いのようだからだそうです。
匂いで虫を引きつけるバラのような花がある一方で、匂いで遠ざける花もあるなんて
植物もいろいろですね。食べられては大変ですもんね。
NHKの番組「植物に学ぶ生存戦略」で是非取り上げてほしいです。
あっ 匂いはヘクソカズラでもうやってました。

ゼラニウムが描かれた洋画は知りませんが、燃えるような赤なので三岸節子さんの
ような画風が合いそうで、あれば是非見てみたいです。
上の絵はベイシックカラーとブライトカラーで描きました。

at 21:16, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

コメント