<< 農民美術 | main | ゼラニウム >>

クリスマスローズ



3月になりました。
いよいよ春なのですが、新型コロナウイルスの問題で心は晴れません。
何とか早く終息してほしいですね。
皆様、くれぐれもお気をつけください。

人が集まらない所の屋外に出ることはよいことらしいので家の周りを見て回りました。
今年は暖冬だったので、花の開花が早く黄梅、フクジュソウ、クリスマスローズなど
例年より早く咲いています。

そこでクリスマスローズを描いてみました。
上の絵です。(ブライトカラー使用)
丁寧には描いていませんが、手の動くままに描きました。

学名 ヘレボラス(キンポウゲ科)
多年草(毎年咲きます)
色々な種類があって、我が家のは茎が無い無茎種らしい。(根から葉柄が出る)

原産はヨーロッパ、西アジア、中国西部だそうです。
花に見えるのは萼片(がくへん)。花の周りに出る葉のようなものだそうです。
クリスマスの頃には咲かず、春に開花します。そしてバラでもありません。
「冬の貴婦人」といって、定かではありませんがヨーロッパではクリスマスの頃咲くそうです。

貴婦人というだけあって、独特な色彩で大人の雰囲気です。(いろいろな色があります。)
ただ、花が下を向くので、目線以上の高いところに置いて鑑賞したほうが良いと個人的には
思います。

「どうしてうつむいているの?」なんて聞くと昭和の歌謡曲の歌詞みたいですね。
愛好家も多いそうで、人気の花です。
ドラマでも出てきましたね。

at 18:09, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

コメント