<< 年賀状のイラスト | main | 年の瀬に散髪 >>

「年賀状を出してみように」協賛



地元郵便局が主催する企画に今年も協賛させて頂きました。
地元の小学生に年賀状の良さを知ってもらうため、、年賀はがきを
プレゼントし実際に手書きして、誰かに出してもらうというものです。

日本の伝統文化の手紙文化、季節の風物詩をお子さんたちに触れてもらうために
毎年行っているもので、微力ながら協力させて頂きました。

活動の内容は共感できるもので、差し出すお子さんたち、受け取る方に
喜んでもらえば本当に嬉しいことです。

生身の人間の豊かな感性の手によって生まれる創作品である はがき・手紙が
送られた相手に届く。
心を込めた側も込められた側もお互いに嬉しいに決まっています。
SNS時代でデジタルデータの実体のない儚いものに対し、はがき・手紙は実体の物として残り
貴重なものです。
生きた文字や絵に送り主の感情や個性、成長ぶり、暮らしぶりなどいろいろな情報が込められています。
それによって送り主のことをいろいろ想像するのも楽しいものです。
デジタルのフォントや画像ではゆらぎがないので少し味気ないですよね。

あの漱石も、無類の手紙好きだったそうで、出しも出し、受け取るも受け取り
(日本語おかしいですかね)お弟子さんたち、一般の方などとの精神の交流がありました。
それらが、全てではありませんが今も残っていて、現代の私たちもその時代の空気や
社会、思想など垣間見ることができます。
漱石の作品を読むうえでも、さらに深く理解することもできます。
手紙やはがきっていいですね。
生徒さんたちに思い出に残る体験になればいいですね。

忘れてはいけません、郵便局で処理してくれる職員の方、配達してくれる職員の方
雨の日も雪の日も、炎天の日もご苦労されていることに感謝します。
そのおかげで成り立っています。
年末、正月と忙しいでしょうがよろしくお願いいたします。
採り入れて下さった学校にも感謝します。

at 18:21, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:トラックバック機能は終了しました。