<< 水木しげる ゲゲゲの人生展 | main | 「年賀状を出してみように」協賛 >>

年賀状のイラスト



師走に入って、今年もあと1ヵ月ですね。
12月はいろいろ忙しいですが、悩ましいのは年賀状です。
賛否ありますけど、私は賛成派です。
紙の媒体の挨拶状で、手描きの文字や絵が届くと嬉しいものです。
送り主の心がこもって笑顔が浮かび、ほのぼのします。
ネットと違って手作りの現物が届くのですからね。ぬくもりがあります。
送る側も、近況を知らせるとともにアイデアを凝らして送ると自分でも満足します。
喜んでくれるかなーと。

でも、絵を描いたり版画を摺ったりとかは、ちょっと時間が・・・
と億劫になりがちです。
そこで、水彩絵の具で簡単にイラスト描けないものかと考え描いてみました。
来年の干支のネズミです。
水をちょっと多めで絵の具を溶き、滲みを生かしたイラストにしました。
複数の色を滲ませシルエットを描き、乾いたら目と鼻とひげをサインペンで
描けば終わりです。
シルエットも単純化して大小の丸と耳、尻尾で構成。
塗りがどんなふうに仕上がっても目と鼻と尻尾があれば、それらしく見えると
思います。

富士山は頂きの白い部分(雪)があるので鉛筆で輪郭を描き、
全体に水で濡らして、乾かないうちに山頂の白を残して青を塗りました。
「賀正」の文字は輪郭を鉛筆で描き、中を複数の色で塗りました。
やはり、滲ませて塗っています。
輪郭が難しい場合は線描きして、それを囲むように輪郭を描き、線描きを
後で消せばうまくいくと思います。
色を塗ればかわいくなります。

どんな形であれ、手描きの賀状は嬉しいものです。
皆様、素敵な賀状を描いてくださいね。
まっち絵の具を使っていただければ嬉しく存じます。

at 20:04, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/444