<< 続 車を描きました | main | 水木しげる ゲゲゲの人生展 >>

紅葉と古民家



今年は秋の天気がおかしくて、紅葉が遅れ気味でしたがやっと
本格的になってきました。
でも。これも数日で終わってしまうでしょう。
今年の秋はなんとなく儚く去ってしまいそうです。

しかし、日本人として折角の紅葉 描かないわけにはいきません。
そこで、出かけてきました。
このブログ10月27日に紹介した「古民家」と同じ上田市野倉地区です。
その頃と比べて、やはり山の紅葉が違っていました。
曇りのせいか、気温も低く風が冷たくて秋の終わりを感じました。

春の桜と異なり、樹木、野草の種類により色彩が違い、また常緑樹の緑も
混ざって、まさに「山のふもとのすそもよう」です。
上の絵は10月27日に紹介した「古民家」のすぐ近くで、こんな雰囲気で
固まっていました。
軽トラで通りかかったシニアの男性と話し込み、暫しの世間話。
蚕室のある家の話から繊維業界の話まで、面白かったです。
スケッチをしていると、よく話かけられ、おやつやスイカ、採れたての
野菜、缶コーヒーを頂くこともあります。驚いたのはマツタケも。
「いい趣味ですね」なんて言われて、「いえいえ」と返すのですが心の中では
「でしょうー」とどや顔です。
絵を描いててよかったなと思います。皆さんもそうですよね。

紅葉はいろいろな色があるので、混色もやりがいがあります。
黄色系、黄土色系、橙色系、緑系、茶色、青色系、黒、灰色系と組み合わせは無限です。
少し派手すぎるかなと思ったら、補色を重ねたり黒・グレーを薄く重ねたりすれば落ち着きます。
皆さんんもいろいろお試しください。

上のスケッチは今日描いたものです。
油性ペンで描き、その後彩色(ブライトカラー使用)です。

at 19:01, まっちブログ, 工場長 新井

comments(1), trackbacks(0), -

コメント
山本洋一, 2019/11/19 2:52 PM

こういう絵が描けるならまっちの絵具を使うかなという気になります。基本セット既に買って、パレットを旧いづみやさんに注文しました。信州の良いスケッチ場所紹介お願いします。










トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/442