<< 車を描きました | main | 紅葉と古民家 >>

続 車を描きました



先週に続き車を描きました。
NHKの連続朝ドラ「スカーレット」に古ーいトラックが出てきました。
(主人公の父親が仕事で使っているものです)
しかも現在はすっかり見なくなってしまった三輪車です。
戦後10年位でしょうか?車種が分かりません。
思えば戦後の高度成長期にはこんな車が活躍して支えていたんですよね。ご苦労様。
あの当時のボディカラーはソリッド色で(メタリックではない)彩度の低い
グレーがかった色彩が多かったですね。そして2トーンが結構ありました。
アールデコの流れできているのかその雰囲気もあります。
今でも軽自動車で2トーンは人気ですよね。

でも当時のトラックかわいいですね。愛嬌があります。
鉛筆でデッサンして、ある程度陰影をつけてから彩色しました。
グリザイユ的ですね。(ブライトカラー使用)

ビデオで録画して描いたので、カメラの関係かパースがきつくなって
人物が小さくなっていました。修正して描けませんでした。

ドラマの内容は焼き物で、いよいよ絵付けの仕事をするのか これからも楽しみです。
勉強になりそうな場面もあると思います。
スカーレットという色名がタイトルになっていて、信楽焼独特の(理想の)色彩だそうです。
信楽焼は室町時代に茶陶として重用されたそうです。
茶の湯の詫び寂びからするとちょっと緋色という言葉は合わない感じもしますが、緋色といっても
ほんのりさす赤みのことだそうです。なら納得です。
忘れてはいけない、タヌキはかわいいですね

at 18:25, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/441