<< ありがとう嘉風関 | main | 稲穂のある風景 >>

まりや&ビートルズ



竹内まりやさんのデビュー40周年記念アルバムCD「Turntable」を購入しました。
昭和・平成・令和を代表する素晴らしいシンガーソングライターですよね。
同世代なので同じ音楽背景で育ったと思います。
なので今回発売されたこのCDは波長が合うというか、好きな内容です。
ご自身のオリジナル曲、他のシンガーに提供した曲のセルフカバー、洋楽のカバーと
広範囲に及びます。「色合いの違う私の歌」とご自身が仰っています。
特に洋楽のカバーはジャズ、カントリー、オールデイズポップス、フレンチポップスなど
幼少の頃から影響を受けた音楽たちです。
そしてなんといっても嬉しいことにビートルズの曲が12曲も入っています。
(ビートルズが他のアーティストをカバーした1曲が入っています。)
まりやさんは少女時代、ビートルズの曲に衝撃を受けたそうです。それから英語にも
興味を持ちアメリカに留学もしました。それだから洋楽の興味もいや増したのでしょうね。
他の洋楽でも「KOMMENT TE DIRE ADIEU/さよならを教えて」(フランソワーズ・アルディ)、
「DON’T IT MAKE MY BROWN EYES BLUE/瞳のささやき」(クリスタル・ゲイル)が入っているのが
また嬉しい。

ビートルズのカバーはアレンジ無しに原曲に忠実に音楽仲間と演奏していますが、これが素晴らしい。
さすが一流ミュージシャンは違うなーと感心。楽しくなります。
まりやさんは原曲と同じキーで歌っています。低い声でも無理なく歌っていて感心しました。
「THE NIGHT BEFORE」(ポールの曲)が入っているのが嬉しいです。
例によって聞き比べしてみたくなり、12曲を曲ごとにビートルズオリジナル・まりやさん、
と並べてプレイリストを作り繰り返し聞いて楽しんでいます。
歌はさすがに女性のまりやさんなので、テイストが違いますがそれはそれでいいのです。
「THIS BOY」などはまりやさんが作った曲に思えてしまいます。
ここのドラム演奏、ここのベース演奏と教えてくれているようで、オリジナルを聞いてそうかそうかと
再発見、新発見しています。新鮮に聞こえるので不思議です。
まりやさんと仲間たち、楽しんでいるのがよく分かります。ビートルズの好きさ加減も伝わってきます。
聴いている自分も楽しい。ビートル仲間になれたような。

聴いていて改めて気が付きました。テーマやテクニックは真似していいんだと。
絵でも同じですよね。マネ(洒落ではありません)やモネ、ドガやゴッホなど、日本の美術を真似して
いるじゃないですか。
芸術を追及しているのでしょうが、絶対面白がっているに違いありません。
それを見た他人も楽しみ、何かを感じることも確かです。
好きな画家やアーティスト、真似したり観察して参考にしたり、使わない手はありませんよね。
その次にオリジナルに発展させればいいんです。
また、自身の昔の作品も刺激になったりします。忘れていた何かがあったりします。(セルフカバーですかね)
そう思うとまた何か描きたくなります。

at 17:42, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/434