<< タチアオイ(立葵) | main | タイマツソウ >>

海の日



明日7月15日は「海の日」ですね。
レジャーを連想してしまいますが、本来はもっと広い意味で
「海の恩恵に感謝する、海洋日本国の繁栄を願う日」なんですよね。

海の日で画像検索するとほとんどレジャーのイメージです。
実際 海で遊ぶのは楽しいし日常では味わえないワクワク感があります。
また、海の生物とも触れ合えて、好奇心も満たされます。
子供たちにも、大いに経験させたいですね。

その一方で思うのですが、海は地球の7割も占めいろいろな自然の恵み、
自然の営みを与えてくれる存在です。
海なくして地球とは言えません。海のある天体は奇跡の星だと言われています。
その大切さを時々は地球として考えたいものですね。

工藤直子さん作の「ともだちは海のにおい」という本があります(児童文学)。
その中で「海の宇宙」という章があります。

「海のうえに
 宇宙がひろがるように
 海の底にも 宇宙がひろがる

 中略

 知られない海の宇宙が
 知られないままに きょうも
 ゆっくりゆっくり まわっている」

という内容です。

私たち人間が知らない海の底でも、公害がひろがっています。
私たちの知らない生物が影響を受けています。
日常では少しも意識されないまま加速されています。
思いを馳せ、優しくするように考えたいものですね。
G20でも海洋プラごみの削減について枠組みが決まりました。
国境関係なく、一歩ずつ進めばいいですね。


at 23:17, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/424