<< 三四郎 | main | 杏の果実 >>

レイン(ビートルズ)



梅雨時なので雨の曲の話を。
国内外に沢山ありますね。

でもしかし、私にとって何といってもビートルズの「RAIN」です。
1966年の作品で「PAPERBACK WRITER」のB面として発売されました。
ジョンの曲で、実験的な録音方法をとっていて不思議な雰囲気が。
最後の部分の逆回し、録音速度を早くしたり遅くしたりです。

曲として、大好きです。
ジョンの淡々とした外連味の無いボーカルがいいです。
歌い始めは、雨が降ってきたなーという雰囲気がよく出ています。
また、リンゴのドラムがいい。(本人はビトールズのレコードではベストプレイと言っているそうです。)
そして、我がポール(ごめんなさい大ファンなので)のベース、ポンポン弾くような音で雨だれですかね。
アイデアマンです。発売時はまだ23歳の若さです。天才!
ビートルズが皆息が合って、生き生きしていた時期ですよね。楽しそう。

歌詞なんですが、これまた 突き放したような歌詞で、拍子抜け。
雨なので詩情豊かにしっとりと思うのですが、違います。
雨が降っても何も変わらない。雨が降っても気にしない。
気分次第だと。というものです。
日本だと自然を受け入れるので、雨の情緒を歌いますが、そこが違いますね。

やはり西洋のキリスト教文化なので自然と距離を置くからなのでしょうか。
それとも音楽で常識を打ち破って革新的な作品を創作してきた彼らなりのニヒリズムでしょうかね。
でも当時の若者はそんな気分を受け入れたのでしょうね。時代が進んでも若者の のりは同じですね。

この曲を聴いた後、明日雨が降ったら どんな気分になるのか?
分かりません。
思い出すのは昔の雨の日です。やはり日本人?

上のイラストは、ずっと後になるアビーロードのジャケットを雨にしてみました。

at 17:05, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/421