<< 進まぬ春 | main | 平成の終わりに思う >>

桜、散り始める



先々週は寒かったですが、先週はまた暖かさが戻りました。
ここ北信州も咲いた桜が、いよいよ散り始めました。

日本人は、本当に桜が好きですよね。
満開の桜にときめいて、散る花びらに儚さを感じしんみりする。
花で散ることに価値を見出すのは、桜以外ないですよね。(私見)

新元号「令和」の元になった歌が収録されていて話題になっている万葉集ですが
桜の歌は47首あるそうです。桜と言ってもその当時はヤマザクラです。
その当時花見は梅だったそうで収録数は119種。
それに対し桜の歌は意外と多く47首で、万葉人は桜もお気に入りだったようです。

その中で、儚さ・無常を詠った歌がいくつかあります。
「世間も常にしあらねば屋戸にある桜の花の散れる頃かも」久米女郎
あんなに華やかだった桜の花ですが、長くは続かない。散るという無常ですね。
万葉人の感性は今も息づいているんですね。

上のスケッチは、昨日の散り始めた桜です。(少し盛っていますが)
絵の中の碑は「夏目氏発祥の地の碑」です。(長野市篠ノ井石川にあります)
(本ブログ2018.November.11 で紹介しています)
ブライトカラーで描きました。

at 18:11, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/412