<< 土恋し | main | 黄色い春 >>

不知火(柑橘)



ブログが いつも風景や漫画では代わり映えしないと思い、今回は果物・野菜を描いて
みました。

今、旬の果物は何かと考えたら柑橘系の不知火がありました。
デコポンとどう違うのか?調べたら、同じでした。
元々正式な品種名称は「不知火」で、「デコポン」は農協の登録商標らしいです。
只、デコポンを名乗るには糖度13以上で酸度1以下の条件があるそうです。
不知火って外見は柑橘類のブルドッグ、ぶさかわですねー。

昔と違って、果物の種類が品種改良により、とても多くなり私など選ぶのに
迷ってしまいます。
果物好きな方や、私のように酸っぱいが苦手な人には、良い時代になりましたね。
(昔の素朴なものも捨てがたく思う方もいらっしゃると思いますが)

上の絵は不知火だけでは物足りないので、旬の野菜ブロッコリー、アクセントに
ミニトマト(これは旬ではなそうですけど)を組み合わせました。
使用した絵の具は「まっち ポスターカラー」です。
ハイライト部分は紙の白残しです。(輪郭はぼかしています)
不知火もブロッコリーも粒粒のテクスチュアで難しいところですが、細い筆で点描したり
カスレ塗りを重ねたりしました。
あまりデティールにこだわる必要はなく、それとなく見えれば良いと私は思います。
面倒臭いですもんね。(超写実を目指す場合は別ですが)
使った色は、「レモンイエロー」「やまぶき」「ちゃいろ」「きみどり」「ビリジャン」
「ロイヤルブルー」「あか」「白」「黒」です。

不知火はややオレンジ色ですが、見たまま描くと濃淡が弱く物足りない。
暗色(影)を強調して変化をつけると実物と色が違ってしまい難しいです。
見て不知火の色と分かって違和感がなければいいのですが。
どうでしょうか?

ポスターカラーは何度も塗り重ねが出来て、下を隠すことが出来るのでいいです。
油彩画風に書きたかったのですが、全て丸筆を使用、平筆や、フィルバートがあれば、
もっとタッチを残せたかもしれません。
でも、なんでもありですよね。楽しく自由に描くのが一番です。

at 14:20, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/408