<< 弊社ホームページの不具合をお詫びいたします。 | main | 不知火(柑橘) >>

土恋し



今、田んぼは土がそのままです。
何もないです。わらが混じっている程度。文字通り土色一色です。
でも、間もなく温かくなるにつれ、田起こし、代かき(水が張られる)、
田植えが行われます。
そして、稲が育ち青々とした田んぼになっていきます。

こうなることを、待ち望んでいた連中がいます。
稲はもちろんのこと様々な生き物たちです。(もちろん人間もです)
寒い冬を耐えていました。

季語に「土恋し」という言葉があります。
彼らの気持ち、そのものですよね。
命の営みが始まります。
土の方も早く来い、早く来いと手招きしているようです。
「土」、漢字では一字、ひらがなでは二字。この短い言葉の土には計り知れない
パワーが宿っています。(神も宿っているとされてきました)
生物を育て、人の営みも支えます。
この土、簡単には生成しないそうで、微生物などの力を借りています。
かけがえのない土、ありがたいことです。

at 22:09, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/407