<< かすれ | main | 氷面鏡 >>

トミ・ウンゲラーさんを悼む

.肇漾ΕΕ鵐殴蕁爾気

筆者

トミ・ウンゲラーさん

ど者

世界的に有名な絵本作家・イラストレーターのトミ・ウンゲラーさんが亡くなられたそうです。
若い時から好きな作家さんでしたので大変残念です。
フランス生まれで、アメリカに渡り活躍しました。晩年はアイルランドに移住したそうです。
絵本では「すてきな三にんぐみ」がよく知られていますね。
イラストでも企業ポスターや、風刺画など幅広く手掛けていたようです。
絵本で人気があったのはもちろんですが、私はユーモアあふれるカットが気に入っています。
仕掛けというか、落ちがあって思わず微笑んでしまうものです。
(アニメ作家の古川タクさんも同じような感じの作品ですよね。絵は違いますが面白いです)
アイデアが豊富、発想がユニークで頭の中はどうなっているのでしょう。
電線をモチーフにした作品でも、ラフスケッチでアイデアを沢山展開していて驚きます。

ビートルズナンバーの詩集「THE BEATLES ILLUSUTRATED LYLICS」
という本を所有しています。(1971年 2巻)
詩に合わせイラストと写真が掲載されています。
その当時世界的に活躍している作家・写真家が起用されていました。(横尾忠則さんの作品もあります)
トミ・ウンゲラーさんの作品もあり、それで初めて存在を知ったと記憶しています。
3曲でしたがその中に、「FIXING A HOLE」という曲があります。
雨漏れの穴を修理するという比喩の歌詞です。
その曲の入ったアルバム「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」のミリタリーを意識した絵に
なっています。( 
私も、トミ・ウンゲラー風に描いてみました。線、全然違いますね。(◆

ポスターの作品集(1971年)を所有していますが、競馬のポスター用アイデアスケッチがあり
鉛筆と水彩で描いています。
省略のうまさ、デフォルメのうまさ、勢いのある筆致が素晴らしいです。
水彩絵の具をシンプルに使っていると思います。(カラーだと思いますが画集はモノクロでした)
ひょっとして、水墨画の影響も受けているのかなーと思ったりもします。
私も、それ風に鳥の絵を描いてみました。(ぁ
(デフォルメも、勢いもなく、ただ単に描いただけで狙いが違っています。すみません)

これからも見習って、ユーモア忘れないようにしたいです。
冥福をお祈りいたします。

at 13:50, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/402