<< 雪の中に猫が | main |

かすれ



いきなりですが 何故かハスキーボイスが好きです。
女性ボーカルで主だった人を挙げれば(個人的好みで、昔のアーティストが多いですが)
(スキップ可能)
キム・カーンズ(USA FOR AFRICAに参加してましたね)
ロリー・モーガン(カントリー歌手)(「Don't Worry Baby」のカバーがいいです)
シャナイア・トゥエイン(ややハス カントリー出身)
ロネッツ(ボーカルのヴェロニカ・ベネット 髪の盛りがすごい、振りが可愛い)
カーラ・ブルーニ(元フランス大統領サルコジさんの奥さんです)
リアン・ラ・ハヴァス(最近知りました。ゴッホの映画の主題歌いいです)
日本で言えば
中ノ森バンド(ボーカルAYAKOさん 解散残念でした)
グリムスパンキー(ボーカルの松尾レミさん 信州代表です。応援してます)
青江三奈さん(ブルース。いいです。「星の流れに」のカバーがいいです)
なんといっても一番は藤圭子さん(「別れの旅」沁みます。冬が似合います)
(青江三奈さんも藤圭子さんも亡くなられ残念です)
など挙げられます。
最近のアーティストは よく知りませんが、他にも魅力的な人は沢山いると思います。
 
ハスキーボイスはカスレ声とも言いますね。
何というか、抑えた感じだが強さがある。
艶消しの感じというか焼きもので言えば素焼き?
むかし素焼きの土器「つぼつぼ」は人気があったようですよ。

ところで絵画でもカスレはありますよね。書道でも。
どちらもこの表現が無ければ絵や書道の世界はつまらないものになってしまうでしょうね。
絵の具の場合、水や溶剤を少なめにして筆の穂先を割って描いたり、筆を先端から押し付けたり、
ナイフのエッジ、ローラーなど使う場合もあります。
草地の表現や、壁のボカシなどに有効ですよね。

有名な絵画ではワイエスなど使っていると思いますが。どうでしょう。
水墨画では墨が少なくなってもそのまま一気に描画しています。
宮本武蔵の「枯木鳴鵙図」などいいですよね。
かすれ技法大いに活用したいものです。

上の絵は千曲川の河川敷の草地です。(昨日)
遠景は透明水彩(ブライトカラー)、近景は透明水彩で下塗りしてポスカラーでかすれ(ボカシ)で
描きました。
真冬なので茶系のみ、わずかに遠くの木が芽でもあるのかやや緑がかっています。
来月になると、徐々に緑が出てきます。待ち遠しい。
でも冬景色の枯れた色彩も好きです。

at 18:13, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/401