<< 育樹祭 | main | 檸檬(小説) >>

ウィリアム・モリス展


壁紙の習作です。


ウィリアム・モリス展に行ってきました。(上田市サントミューゼ 11月11日まで)
モリスはデザイナー、職人、詩人、社会思想家、経営者など多彩な肩書を持つ英国人です。
「モダンデザインの父」と呼ばれています。(1834〜1896)

英国で19世紀末 産業革命で工業化・大量生産が始まり、彼はそれらの粗悪製品に失望しました。
そこで「アーツアンドクラフツ運動」を興しました。
伝統のある工芸とアートを融合させた美しく質の高い製品作りに取り組んだのです。
少し前に興った反アカデミズムの芸術運動「ラファエル前派」(ミレイ、ロセッティなど有名ですね)
の精神も取り入れながら。
実はロセッティはモリスの絵の師匠でジェインという女性と三角関係だったそう。
ジェインはロセッティの絵のモデルになっていますが、最後はモリスの奥さんになります。
脱線しました。
そうして出来た壁紙、家具、タペストリーなどの織物、染色、書物、書体などは高い評価を得ました。
中でも壁紙はよく知られていますね。

彼は自然豊かなロンドン郊外のウォルサムストウに生まれ、隣村のエピングの森を見て育ちました。
その時に育まれた感性が創作に生かされているそうです。
自然は色々教えてくれますね。大事にしなくちゃー。

彼のおかげで工芸+アートがひとつのジャンルとして存在感を得たのだと思います。
そのムーブメントはヨーロッパ、世界に広がっていきました。
そして後のアールヌーボーにつながり、20世紀芸術、バウハウスへとつながっていきました。
現代には、芸術やデザインの何かしらのベースになって息づいていると思います。日本でも。

上の絵は今我が家に咲き始めたヒメツルソバを図案化し壁紙にしてみました。
ヒメツルソバは手描き、時間がないので後はパソコンソフトの力を借り、アレンジや背景を作成しました。
単純過ぎて少しも洗練されていませんです。ダサいですね。とほほ。
モリスの作品は緻密で生産性を考慮したリピートなど、洗練されていて見事です。
かの時代は木版画で原稿を作ったですかね。(展示物は木版画でした)
やはりモリスのみずみずしいデザインは美しい自然の感性の賜物でしょうね。

at 19:12, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/385