<< 道具を大事にしましょう | main | クルミの発芽 >>

麦秋



麦の穂が色づき、刈り入れの時期です。
既に終わった地方もあるでしょうかね。
ここ信州は少し前から今が ちょうどその時です。

麦、大人になってからはあまり意識してこなかったです。
子供の頃、今よりは栽培量が多く通学路では身近な存在でした。
まだ風が冷たい春先に、一足先に緑の葉を成長させ目に新鮮に映ります。
肌寒さと緑の優しい感覚が頭の中に残っていて、麦畑を見ると懐かしくなります。

米は春に田植え、夏に成長し秋に実り刈り入れと、シーズンとしては「暖」の時期です。
また、日本人の食生活のメインになるので文化的にも意識されます。
ある意味華やかです。
一方、麦は秋に種まき、冬を越し春に成長、初夏に実り刈り入れとなりどちらかと言えば「寒」の時期です。
寒い間は野外への関心が薄れ、春以降は視覚的には他の草花に目が行きます。
食材としては、かなり口にしているのですが、栽培の姿はあまり注目されません。淋しい。
一年に裏表はありませんが、米に比べ裏の存在的になっているような感じで地味です。
栽培の中で麦踏という作業もあります。成長点を刺激するのだそうです。
これもなんと、哀れを誘うではありませんか、一方的に踏まれるのですよ。
麦が愛おしくなります。

「麦秋」この秋は収穫の意味で麦の収穫時ということらしいです。
きれいな言葉ですね。
こんな俳句があります。
「クレヨンの黄を麦秋のために折る」林桂
広い麦畑をクレヨンで描き、思わず力が入り折ってしまったということでしょうか?
それとも、塗るのに半分の長さにして腹で描くのか?
黄色く広がる、風景に感激したのでしょうか。
ゴッホの絵も想起させます。
これからすると決して地味な存在ではないのかなー。初夏だけ見れば、
見る側の問題ですかね。

上のスケッチは、信州上田塩田平の麦畑です。(2週間前)
小麦だと思います。
ブライトカラー使用です

at 19:02, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/367