<< 信州あっちこっちスケッチ 長野市大岡地区 | main | 麦秋 >>

道具を大事にしましょう



朝と昼休みに工場の裏庭の草刈りをしています。(4月〜10月)
(放っておくとすぐに伸びて、背丈ぐらいになります。蚊が出るし、花粉も出ます。)
これがしかし、使っている鎌が古く(おそらく20年以上)よく刈れません。
力任せに振り回し、息が切れます。
時々研いでいたのですが、すり減り、石にぶつけたりして刃こぼれもしていました。
徐々の変化ですので、あまり気にならないでいたのですが、とうとうこれではあきまへん!
となり、ホームセンターで新品を買いました。

そうしたら、なんと切れ味の良いことに驚きました。
500円の安物ですが、こんなにも違うものかと。
軽い力でさくさく、きれいに刈れます。しかも根元で。
こうなると、不思議。刈るのが楽しくなります。
もっと刈りたくなります。
道具って大事だなと思った次第です。気持ちまで変わります。ほんとに。

これって、絵の道具でも同じですよね。
筆、パレット、チューブ、筆洗器などです。
いつも大事に、きれいにしておきたいものです。
筆は使用後丁寧に洗う、石鹸で丁寧に。根元に絵の具が残らないように。
絵の具が残っていると絵の具の含みも悪く、描き心地が悪なります。
色も混じってしまいます。
くせがついたおくれ毛は短く切ります。(1〜2本なら)
チューブもネジ部分は絵の具が残って固まらないよう拭き取ります。(キャップ裏も)
パレットも色を混ぜるところはきれいにしたいものです。
使う面積がどんどん減っていかないように。残っている絵の具が混じらないように。
その他もきれいに掃除、メンテしたいですね。
もうどうしようもなく使い古したものは、思い切って買い替えましょう。
(古いもので描くと良い効果が出る場合は別)
新品はいいですよ。
鎌と同じように、絵を描く気持ちが違ってくると思います。快適に描けます。
もっと描きたくなると思います。楽しくなります。
皆さんご承知ですよねー。




at 22:07, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/366