<< 赤い風船・白い馬 | main | 道具を大事にしましょう >>

信州あっちこっちスケッチ 長野市大岡地区





長野市大岡地区(平成17年に長野市と合併する前は大岡村)に行って来ました。
実は来年の公募展出品で秋の紅葉を描く予定で、その一候補になっているため
今から下調べです。
もちろんスケッチもしてきましたよ。
上の絵がそうですが、田植えが終わった棚田ですが、苗はあえて描いていません。
反射を強調したいので。(実は手抜き)色も塗っていません。

大岡は我工場のある千曲市から西に約25辧海抜は450mから900mで
急な傾斜地に点々と集落が形成されています。
そのため、地形は変化に富み、メリハリのある風景が描けます。
棚田も多いです。
なんといっても西に北アルプスの連峰が望め、雄大な景色が楽しめます。
集落はのどかで温かい雰囲気です。
季節のメリハリもあり、四季ごとに趣が違って味わいがあると思います。

大岡で有名なのは、道祖神の飾りしめ縄です。(上の写真は芦ノ尻の道祖神です)
今は長野県の無形民俗文化財になっています。
藁で神面を形作り、怖くもありユーモラスでもあります。
水木先生の妖怪に通じるものがあります。おおらかでいいです。
長野冬季オリンピック開会式にも登場しましたね。

今日は梅雨前のさわやかな気候で、リフレッシュできました。
梅雨入り前にせっせとスケッチしたいです。

at 18:23, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/365