<< 新入学シーズン | main |

かくかくしかじか



漫画「かくかくしかじか」を遅ればせながら読みました。
すっかりのめり込みました。すごく面白かったです。
2015年のマンガ大賞だったのですね。
読んでいて最期は涙ぐみそうになりました。
(泣いた方も多いと思います。)
(作者もスタッフも泣きながら最後を描いたそうです。)

作者である東村アキコ先生の青春譚で、高校から職業漫画家になるまでの自伝で、東村先生と
深く関わった人物との物語です。
その内容は美談ばかりだけではなく むしろ後悔することがクローズアップされた内容で、
赤裸々に描かれています。
だからこそリアルで、ずしりと重みがあり、各世代に強く訴える内容になっています。
私など青春などとっくに過ぎ、朱夏も過ぎている身ですが、自分の歴史と重ね合わせて
身につまされる部分も大いにありました。
一番は楽しかったけど無為に過ごしてしまったなーということです。
でも、その時分は切実ではないんですよねー。それが青春かも。

内容はユーモアもあり、思わず笑ってしまうこともたくさんあり楽しめました。
先生のキャラに負うところかも。先生面白い。(ギャグ漫画家として名が通っているんですよね)
現在の漫画の表現の幅はすごく広がって、私など古い漫画少年の頃からずいぶんと
変わりましたね。
先生の漫画で、驚いたり、落ち込んだり、うっとりした時などの顔が全然変わってしまう
オーバーアクションが面白いです。
いつ頃からでしょうね、こうなったのは?
マカロニほうれん荘?がきデカ?パタリロ?谷岡ヤスジ先生の作品?
手塚先生も けっこう遊んでいる絵もありましたよね。
(漫画をあまり読まなくなって久しいので分かりません。)

で、「かくかくしかじか」ですが、最も重要な人物である画塾の先生は、強烈な個性の
持ち主で一番影響を及ぼしました。
主人公(東村先生)のデッサンと、創作への姿勢というものを徹底的にしごいたのでした。
漫画にどう影響があったのか分かりませんが、並行して裏腹の関係であったことは間違いありません。
画塾の先生の言葉で、いつも口にしていたのは「描け」「描け」「描け」です。
テーマが決まらないときでも、「目の前にあるものを描け」でした。

これは心に響く言葉でした。
体の奥深くから湧いてくる創作へのエネルギーというか、どんな作品でもどんなテーマでも
その基本的な体力というかそんなものを絶えず動かしていなさいということでしょうね。
作品を創作しようと思っている限り、時間がなくても、テーマが決まらなくてもそうしたいですね。

主人公が漫画から遠ざかっていた時、思いがけない人物からの一言が再び漫画を目指すきっかけに
なりました。
そういう人の存在、大事ですよね。

上の絵は、オマージュとして漫画の中のシーンを模写しました。(鉛筆ですが)
彩色は勝手にイメージしました。
(オリジナルからは かけ離れたものになってしまったかもしれません。お許し下さい)
皆さん、良い本なので是非読んでみて下さい。

ところで、テレビ番組「東京タラレバ娘」「海月姫」も東村先生の原作だったのですね。
知りませんでした。
是非原作を読みたいと思っています。
漫画っていいですよね。

at 18:43, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/358