<< 平山郁夫展とシルクロード | main | 子どもは色で笑うか >>

センダングサ



少し前の台風の時、外に置いてあった ちりとりが強風で飛ばされて無くなり、
家の周りを探しましたが見つかりませんでした。
あきらめていましたが、少し離れた一段下がった草むらで見つけました。
取りに行き無事 ご帰還となり、よかったよかったと。

しかしながら、大変なことに。
草むらのセンダングサの種がGパン、スニーカーにびっしりと付いていたのです。
よく犬がハリモグラのトゲを顔じゅうに刺さしてトホホの状態ありますよね。
あんな感じでトホホでした。
気が付かず、家の中に入ったので その辺りに種が落ちていてアッチャー!
取るのに一苦労でした。

この時期、草木は種のシーズンですよね。
いろいろな種がありますが、センダングサは生地や犬の毛などに付くタイプ。 
ひっつき虫と言っていましたね。(とげの構造、よくできていますよねー)
オナモミもその代表ですよね。子どものころよく遊びました。

スニーカーは皮でしたので、靴ひもにだけ びっしりと付きまして、
はっきりしてるなーと感心。
そこで思いついたのですが、ボードに生地のイラストを貼り、センダングサの草むらに
こするのです。
生地部分のみトゲ(種)が付き、髪の毛や髭、動物のトゲなどを表現できるのではと。
蒔絵のような理屈ですね。
どなたか、種して(試して)みませんか。

at 15:18, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/337