<< 大相撲と日本刀、御嶽海関 | main | ススキ >>

ヒメツルソバ



我が家の庭の一角にヒメツルソバの花が咲いています。
(別名カンイタドリ、ポリゴナムとも言います)
タデ科の多年草で、中国南部・ヒマラヤが原産地で明治時代に園芸用として
渡来したそうですが、野生化もしたそうです。
花がソバに似ていて、蔓性、小さいのでヒメを付けてネーミングされたそうです。
ですので、そば粉は採れません。

花は集合花で丸く、金平糖に似ていると言われます。(金平糖久しく食べていません)
かわいい花です。(見た目)
春から秋にかけて咲きますが、秋に本格的に咲きます。(夏は咲きませんでした)。
夏が終わり秋になって花のシーズンが終わるなーと思っているところ、盛んに咲き出だして
元気をくれました。
夏の初め通販で二株来て、それはもう貧弱で大丈夫かなと思ったのですが、かなりの
繁殖力で伸び続け、花もちゃんとつけてくれました。
かわいい花です。(愛情で)

葉のことも。
濃い緑色で鼻緒のような筋がありまして、観葉にもなります。
これはVサインにも見えます。受験生にも縁起のよい植物になればいいなと思います。
これから紅葉するので、それも楽しみです。
しかしその後、信州は寒いので寒さに耐えられるかちょっと心配です。
ずっとソバにいてほしい花です。

上のスケッチはブライトカラー使用。花のピンクはローズです。

at 00:50, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

コメント









トラックバック
url:http://blog.match-japan.com/trackback/331