無言館に行ってきました。



終戦から73年目の夏です。
あの夏の今頃はどんな天気だったのでしょうか?
今と同じように蝉も鳴いていて、百日紅の花も咲いていたのでしょうね。
でも人々は途方に暮れていたことでしょう。

それが現在は復興し平和な暮らしができるようになっています。
復興を支えてくれた世代の方たちのおかげですね。
感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います。
もっと忘れてはいけないのは、戦禍で犠牲になった人々のことです。
今こうして平和な世の中から見れば、あまりに理不尽な死です。
さぞかし無念だったと思います。遺族の方もです。

芸術の世界でも、同じように犠牲になった方たちも沢山いらっしゃいます。
もっと絵を描きたいと思っていた若人たち。戦没画学生です。
ほとんど20代の若さで亡くなられています。

信州上田市にある「無言館」は そんな方たちの生前の作品を展示しています。
昨日、行って来ました。
(この時期、数年ごとにお邪魔して観賞しています。)

観賞すると毎回そうですが、適切な言い方ではないかもしれませんが普通なんです。
全てではありませんが、ごく普通の日常の芸術作品が多いのです。
(戦争にまつわる現地からの手紙とか、遺品の展示物は普通ではありませんが)
風景画、人物画、植物画、静物画など今の画学生も描くと思います。
作品としては みな上手く、純粋に芸術として感動し感性を刺激するものです。
しかし、これらの作品作成の後に、彼らに悲しい最期が待っていたことに心が痛みます。
そう思うと、残された作品の存在も違う意味で重みをもってきます。
平和な時間の尊さを語りかけてくれます。作品が愛おしく感じます。

自分も絵を描きますので、友達の作品のような感じで見るとより身近に感じ、描かれた
ときの心情や心象に思いを馳せることが出来ます。
彼ら自身の作品への思いも聞いてみたくなります。
作品のタッチや線の抑揚、色彩の工夫、遺品のパレットに残された絵の具のごつごつ、
傷んだ筆先、使いかけの画材など見ていると 生きた証、創作への意欲、エネルギーを
感じます。
戦争さえ無ければ普通に芸術活動ができたのに。
(芸術自体に普通と言う言葉が適切かどうか分かりませんが、何も邪魔するものがなく
打ち込めるという意味です)
素晴らしい作品がもっと生まれていたことでしょう。
そう思うと悔しさも強く感じます。理不尽です。

私たちはこれからも世の中が平和を逸脱しないように、強い気持ちを持ち続けていたいと
思います。
それが犠牲になった人たちの一番の供養になると思います。
普通に絵が描ける幸せに感謝して。

上の絵は無言館の別館「傷ついた画布のドーム」です。
天井に貼られた、戦没画学生のデッサンが素晴らしいです。
(システナ礼拝堂のミケランジェロの天井画みたいに貼られています)
無言館の周りの木では、蝉が激しく泣いていました。


at 01:55, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

視点を変えて





「ぼくからみると」という絵本があります。(上の画像は表紙です)
高木仁三郎 文、片山健 絵、 のら書店)

夏休みのある日、昼過ぎの「ひょうたん池」という池での少年の出来事を描いたもの
ですが、少年以外の生き物に視点と立場を変えると、見方が違って見えること教えて
くれています。
「ひょうたん池」の自然のことですが、視点・立場を変えることは全てに出来ることで、
ものごとを相対的に考える大切さを教えてくれます。

絵は、油彩を使った、生き生きしたタッチで、構図も大胆で躍動感があります。
盛夏の自然の、みずみずしさディープさが伝わってきます。
とても良い本で、お勧めしたく思います。

今、お子様は夏休みの真っ最中、いろいろな体験をして、いろいろな視点で観察したり感じて
ほしいですね。
絵で描くことも、その一助になると思います。

上の絵は、今盛んに咲いているムクゲの花を、視点を変えて後ろから描きました。
いつもは正面から見られている花、背後から見れば、知らなかった構造も分かります。
また、なんとなく悲哀みたいなものが感じられ、人間っぽく感じませんか。
生きていることを感じます。
ちょっと強引であまり良い例ではありませんでしたかね。
(正面の絵は本ブログで以前描いています。2015年7月26日です)




at 03:11, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

高校野球



夏の全国高校野球選手権大会第100回が始まりました。
100年ってすごい歴史ですね、1915年に始まり、途中米騒動と戦争で中断したことが
あって大変残念でしたが、戦後の復興とともに盛り上がって現在に至っていますね。
まさに国民的行事で、日本中が一つになって作り上げてきた歴史です。
大会そのものだけでなく、普段の生活も含めた、選手、家族、学校、地域・・・・全てです。
平和が実感できる、イベントです。
今後も100年、200年と続くことを思ってやみません。平和であっての甲子園です。
今大会は56校の強豪がひしめき、熱戦が期待できますね。
始球式もかつての名選手が出るので、高校野球ファンにとっても楽しみです。

高校野球と言えば、漫画「ドカベン」が思い出されます。
今年6月に惜しまれ連載が終了しました。
あんなに面白い野球漫画はありませんでした。
水島新司先生、ほんとに絵がうまいです。フォームも自然できれいに描かれています。
(野村克也さんにチェックしてもらったことがあると以前読んだことがあります)
ページの構成、コマ割りの斬新さ、大胆さに驚いたこともありました。
漫画は終了しましたが 明訓の選手たち、どこかで今大会を応援していることでしょう。
各地方の代表のみなさん暑さに気を付けて頑張ってほしいです。
さあ、頂点はどこの高校でしょうか?ワクワクしますね。

at 22:43, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

キカラスウリ



異常な雨、酷暑が続き台風も来て、この夏は異常気象で本当に困惑します。
水害にあった地域の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
早く元の環境にもどることを心よりお祈りしております。

しかしながら、植物は何もなかったように成長をしています。
我が家の傍でキカラスウリを見つけました。
(実と葉の形からキカラスウリだと思います。)

花も今が時期で日没後に咲き、翌日午後にはしぼんでしまうそうです。
白くてスターウォーズのチューバッカのような毛むくじゃらに見えます。
実(み)は食べられ、生薬にもなるそうですよ。

切り取ってきた実は長さ6CMほどで丸く、当然まだ青い(緑色)です。
実の所の葉は、なぜか黄色く色づいていました。(枯れているのか)
秋になると実も葉も黄色くなるのですが、葉だけもう秋。
この暑さなのに、もう秋を連想させ不思議なコンビネーション。
小さな世界の季節のカオス(大げさ?)
まだまだ暑い日が続くと思いますが、やがて来る秋に思いを馳せ
上の絵をスケッチしました。

これから先気候はどうなるのか、この実や葉の世界だけではなく
地球全体がカオスになってしまうのか、心配です。

at 18:50, まっちブログ, 工場長 新井

comments(1), trackbacks(0), -

優勝おめでとう御嶽海関



大相撲名古屋場所、14日目で御嶽海関が優勝を決めました。
御嶽海関は我工場のある信州/長野県の出身なので喜びも一入です。
今日、明日は県内全ての家庭やそこらじゅうで この話題で盛り上がっていると思います。

長野県からの優勝力士は優勝制度が出来た明治42年以降で初めてのことだそうです。
やった御嶽海関!(出羽の海部屋でも38年ぶりだとか)
もっと前には江戸時代、雷電というめっぽう強い大関はいましたがね。
(当時は最高位が大関でした)
二人とも長野県出身のスーパーヒーロ―です。

御嶽海関の相撲は、頭を使った(頭突きではありませんよ)相撲だと思います。
体にも恵まれていますが、相手の相撲を良く研究していると思います。
差し手が早く、体を効果的に寄せたり、ずらしたりして寄り身がいいですね。
スピード感もあります。
腰を低くすることにも抜かりはありません。
勝負を決めた瞬間を見ていると、しっかり腰を落としています。

この相撲にさらに磨きをかけ、大関、横綱を目指してほしいですね。
研究されるかもしれませんが、さらにその上をいくように頑張ってほしいです。

御嶽海関の活躍、地元に元気を与えてくれました。
郷土のヒーローです。
これからも目が離せません。
ありがとう、御嶽海関。信州木曽の空に輝いています。

at 21:53, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

篠田桃紅先生



篠田桃紅展に行って来ました。
上田市サントミューゼで開催中(7/22まで)

今年105歳になる芸術家で、水墨抽象画というスタイルを確立と紹介されています。
5歳で書道から入り、その後その枠を外れ墨で描く抽象の世界に発展させていきました。
確かに、それまでにない表現で素晴らしい芸術だと思います。
詩や熟語などの文字をアブストラクトアートのように変化させています。
さらに、文字ではなく抽象形態で平面構成もして、まさにモダンアート。
これが、建築とよくマッチングします。和洋問わず。
建築家丹下健三先生と出会いコラボもしています。

作品は墨の濃淡や滲み・かすれを効果的に利用し表現しています。
墨をこよなく愛し作品を創作しています。
桃紅先生は、墨は日本的な気候風土に合っていると言っています。
もう一つ重要な要素は支持体である和紙です。墨の効果を最大限引き出しています。
日本画のように背景に金箔、銀箔も使い表現の幅・奥行を広げています。
それらの余白の美もインパクトがあります。
他に、金泥、銀泥、緑青、朱で色彩の効果も広げ、変化をもたらし、画面を引き締めています。
線の緊張感がピーンと伝わってきて、良くこんな線が一発で描けるなと感心します。
精神もそうですが体にも一本芯が通っているみたいです。集中力がすごいと思います。

作品を見ていて思うのですが、絵画は形態、色彩、素材が、当たり前ですけど大事なんだなと。
それらの要素の掛け合わせで、無限に表現が広がります。

桃紅先生のチャレンジ精神、美の追求の姿勢は素晴らしく、105歳の今も衰えていません。
体は衰えても精神は衰えてはいない。老いて分かることもある、老いのマイナス面ばかばかりを
見てはいけないと仰っています。
また作品も体力が衰えたなりに描けばよいとも。
私などシニアにとって、大変心強いお言葉で、勇気づけられます。まだまだ小僧ですかね。
いつまでも元気で創作を続けて、作品で感動させてほしいと思います。

桃紅先生についてはこのブログで過去にも、書かせて頂いています。
2014年9月13日(百歳)

上のイラストは桃紅先生がアメリカに渡ったころ(約60年前の頃)の写真を元に描きました。
(鉛筆に淡彩)
和服姿が魅力的です。ニューヨーカーも魅了したことでしょう。

at 01:41, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

テレビ信州で紹介されました。





7月3日長野県のテレビ局、テレビ信州様の放送で弊社が紹介されました。
先週のブログでお知らせした「ゆうがたGet」という番組の中の「須東潤一のまっすぐに!!
輝きすとーりー」というコーナーです。
夕方、4時頃から約15分の放送でした。

コンパクトに良くまとめられ、弊社の内容が良く分かる内容で、番組構成の見事さに感心しました。
私どもがお伝えしたい絵の具の良さも良く伝わったと思っています。
実際弊社の絵の具を使って頂いている地元の小学校にも取材に行って下さり、生徒さんの作品も紹介して
下さいました。
これがまた素晴らしいものでした。学校の先生ほか関係者の方、生徒さんに感謝しております。
ディレクターの中澤さん、MCの須東さん、リポーターの清水さん本当にありがとうございました。

リポートの中心人物である須東さんはタレントさんで、詩と絵を合わせた「詩画」という作品を創作
されています。
このコーナー、須東さんとリポーターの清水さんが、様々な企業や団体、人物などにスポットを当て
その活動を紹介するものです。
その取材の際、最後にその人物を紹介し称える詩画をプレゼントして下さるのです。
上の色紙がそれで、私宛てです。(今回は弊社の絵の具を使用してくれました)
沢山の色を扱うので、それを料理するシェフに例え、笑顔を絵顔に変え赤い糸に会うという意味で、
子供たちが色に巡り合い創作するという意味です。
また安心安全というテーマも料理にも通じることでシェフ。
絵はお皿に色が添えられているということです。
なんだか、こそばゆいですが大変光栄です。

番組の進行も前述のお二人とアナウンサーの松井さん、厚芝さんとで楽しく盛り上げて下さいました。
長野県だけの放送で 本当に残念ですが、視聴者の皆さんが少しでも絵の具で絵を描こうと思って
頂けたらこの上ない喜びです。日本全国皆そうなればいいですね。
テレビ信州様、取材してくれた3人の皆様、番組司会のアナウンサーのお二人、その他関係者の皆様
に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

at 21:32, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

テレビ信州で紹介されます



7月3日(火)に長野県のテレビ局の番組で、弊社が紹介されることになりました。
テレビ信州の「ゆうがたGet」という番組の中の「須東潤一のまっすぐに!!輝きすとーりー」と
いうコーナーです。
放映時間は15:50〜16:30です。
長野県の皆さん、もし時間があれば是非ご覧ください。

取材に訪ねて下さったのはMCの須東潤一(すとう)さんとリポーターの清水翔子さん、
番組には出演しないと思いますがディレクターの中澤太一さんです。
とても熱心に丁寧に取材して頂き、受ける側としても大変嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。
絵の具に対し、とても深く興味を持って下さり、説明にもつい熱が入ってしまったかと思います。
どんな番組になるのかとても楽しみです。
絵の具君たちも大喜びだと思います。絶対。
絵の具づくりは地味な仕事ですが、お客様に使ってもらい素敵な作品に生まれ変わることに思いを馳せ、
取り組んでおります。
視聴できるのは長野県だけになってしまいますけど、絵の具に関心をもって頂き絵を描きたいと
思ってもらえれば、この上ない幸せです。
テレビ信州様、関係者の皆さま 本当にありがとうございました。

at 14:46, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

クルミの発芽



我が家の道路沿いの敷地に、カラスが落としていったと思われるクルミの実(殻)が
転がっていました。
そうしたら いつの間にか芽が出て 伸びて 葉っぱが数枚付いていました。
この時期、成長が早いですね。

カラスのやつ どう言うつもりなのか?
こちらとしては困っています。
放っておけば大きくなってしまうので抜いてしまうか、せっかく芽が出たので
鉢に移して低く育てるか。
発芽、なんとなくかわいいですよね。ちょっと嬉しかったのも正直なところです。

困ります。悩みます。これがほんとの悩みの種なんてね。(うまい!)
もう少し考えてみます。

梅雨の晴れ間の異変でした。

at 14:54, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

麦秋



麦の穂が色づき、刈り入れの時期です。
既に終わった地方もあるでしょうかね。
ここ信州は少し前から今が ちょうどその時です。

麦、大人になってからはあまり意識してこなかったです。
子供の頃、今よりは栽培量が多く通学路では身近な存在でした。
まだ風が冷たい春先に、一足先に緑の葉を成長させ目に新鮮に映ります。
肌寒さと緑の優しい感覚が頭の中に残っていて、麦畑を見ると懐かしくなります。

米は春に田植え、夏に成長し秋に実り刈り入れと、シーズンとしては「暖」の時期です。
また、日本人の食生活のメインになるので文化的にも意識されます。
ある意味華やかです。
一方、麦は秋に種まき、冬を越し春に成長、初夏に実り刈り入れとなりどちらかと言えば「寒」の時期です。
寒い間は野外への関心が薄れ、春以降は視覚的には他の草花に目が行きます。
食材としては、かなり口にしているのですが、栽培の姿はあまり注目されません。淋しい。
一年に裏表はありませんが、米に比べ裏の存在的になっているような感じで地味です。
栽培の中で麦踏という作業もあります。成長点を刺激するのだそうです。
これもなんと、哀れを誘うではありませんか、一方的に踏まれるのですよ。
麦が愛おしくなります。

「麦秋」この秋は収穫の意味で麦の収穫時ということらしいです。
きれいな言葉ですね。
こんな俳句があります。
「クレヨンの黄を麦秋のために折る」林桂
広い麦畑をクレヨンで描き、思わず力が入り折ってしまったということでしょうか?
それとも、塗るのに半分の長さにして腹で描くのか?
黄色く広がる、風景に感激したのでしょうか。
ゴッホの絵も想起させます。
これからすると決して地味な存在ではないのかなー。初夏だけ見れば、
見る側の問題ですかね。

上のスケッチは、信州上田塩田平の麦畑です。(2週間前)
小麦だと思います。
ブライトカラー使用です

at 19:02, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -