漱石忌



昨日12月9日は漱石の命日でした。
101年前の(1916年/大正5年)です。49歳でした。
(今年は生誕150年でもありましたね)
命日に糸瓜忌(正岡子規)、河童忌(芥川龍之介)のような名称はありません。
ちょっと意外です。「猫忌」なんてどうですかね。ブー!ですか。

その日は風もなく暖かく小春日和だったらしいです。(ご次男、伸六さんの著書から)
「明暗」が絶筆となってしまい、まだまだ創作に意欲的だったと思いますので、さぞかし無念だったと思います。
実際、その年の1月には物集芳子という女性(小説家、二葉亭四迷、漱石に師事した)に宛てた手紙に、
「いつまでも生きる気でいる」と書いています。
また、朝日新聞の随筆「点頭録」には「自己の天分の有り丈を尽くそうと思うのである」と書いているそうです。
(岩波ジュニア新書「漱石先生の手紙が教えてくれたこと」から)

でも、漱石の死生観からすれば、案外達観していたかもしれません。
生前、「生死を透脱する」(受け入れて死ぬことだそうです)「生は苦痛に満ちている、死はそれがなく
めでたい」と言っていたそうです。(岩波新書「夏目漱石」から)

そういえば、「吾輩は猫である」の猫も水の入った甕に酔っぱらって(ビールで)落ちてしまい、もがくのですが最後にはあきらめて、「自然の力に任せて抵抗しないことにした」「月日を切り落とし、天地を粉韲して(粉みじんにして)不可思議の太平に入る。吾輩は死ぬ。死んでこの太平を得る。太平は死ななければ得られぬ。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。ありがたい。ありがたい。」で終わります。
命日の11年も前に、こんな風に書いていました。
猫は漱石の投影だと思いますので、これが本心でしょうか? やはりもっと生きていたいとも思っていたのでしょうか?
家族もいることだし。
ご本人に聞かないと永遠に不明でしょうね。謎のままがいいです。
死を受け入れるというのは、漱石のあまり幸せでなかったかもしれない生い立ち、病気がちだった人生からくるニヒリズム的な
死生観かもしれません。
だからこそ、人間の本質を冷静に描いた名作の数々が生まれたのかもしれません。
これからも、もっと味わって、漱石作品読みたいです。皆さんもいかがですか?

at 17:58, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

秋から冬へ



12月になりましたね。今年も暮れていくのですねー。
冬が徐々に深まっていきます。
風が冷たくなり身に沁みます。ぶるぶるー。
紅葉から冬枯れの山への変化。きれいです。
植物も、動物も、人も冬支度に忙しいです。
これも、初冬の風物詩。

この時期をファンタジックに描いた素敵で味わい深い絵本があります。
「かぜのおまつり」(いぬいともこ先生 作・梶山俊夫先生 絵)(福音館書店)です。
秋から冬に変わる日本の山の美しさが、やまと絵のようなタッチで描かれています。
和紙だと思いますが、墨で輪郭を描き、水彩だと思いますが彩色しています。
空気の動きも感じます。

主人公は「ふうこ」という女の子と、風の「こがらしこぞう」「きたかぜこぞう」ですが
他にも熊や植物などが登場します。
それぞれ、冬に向けて生きています。全部が主人公かもしれません。
ファンタジーながら自然の摂理を教えてくれていると思います。
小さな子が、初めて感じる季節の変化、心細さも感じます。
家族の暖かさもあります。
それは誰もが持っている小さな頃の郷愁です。
そういえば、芥川の「トロッコ」も少年の心細さを感じました。(好きな作品です)

でも、こんなわびしさも、暮れや正月になると一気に浮かれ気分になって忘れてしまいます。
・・・・これも日本人の感性?・・・・・

at 23:02, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

子どもは色で笑うか



今、「えがない えほん」という絵本が話題になっています。
アメリカで発売されてヒット、日本でも発売されたそうです。
子どもに読み聞かせると必ず、笑うらしいです。
絵がなく、文字だけ。
その内容は擬態語・擬音語(オノマトペ)のオンパレード。
子どもが喜ぶ おならなどの言葉が入っているそうです
子どもはウンチやオナラ好きですからねー

日本はオノマトペが大変多い国だそうで、古くは古事記にもあるそうです。
いろいろなものの表現の幅を広げていますね。
詩人の谷川俊太郎先生も日本はオノマトペが豊かだとおっしゃっています。
先生の文、なかのまさたか先生の絵で「ごつん ふわふわ」という絵本があり、(現在廃刊かも)
文はオノマトペだけで構成されています。子供が小さいころよく読み聞かせをしました。
説明一切なしで、絵と短いオノマトペで子供の一日を描いています。
インパクトがあり子供には強く印象に残ると思います。

また、特に日本が世界に誇る文化のマンガ。
オノマトペなしには成立しませんですね。絵の一部になっています。
海外で売り出されたマンガはその翻訳に苦労するそうです。
物音がなく静かな場面で、「シーン」なんてね 書かれているとナニコレとなりますよね。
漫画家のミズノ・リョウタロウ先生の著書「オノマトペラペラ」によると一例ですがdead calmと
説明されていました。

言葉の力はすごいですよね。
えがない えほんなんて聞くと絵の具屋は心穏やかではありません。
絵がないのですから(文字には色がついていましたが)。

そこで、色だけで子供を笑わせられるか、考えてみました。
無理ですねー。
色だけで表現するのって、フランスの画家イヴ・クラインがいますけど。
画面全体に単色を塗ってそれで終わり。(ブルーが有名です)
芸術だから意味はあるのでしょうが、子供が笑うかどうか?笑いませんよねー。そう思いませんか?
うーん、色はことばに負けたか。いやいや、負けてはいません。混色があるではないですか。
子どもたち、絵の具を混ぜるとき喜々として、遊んでいます。
千変万化、色の変化が面白いんですねー。
色を選んで色を造り、絵筆で思いっきり塗りたくる、これも心が弾みます。
笑いはしませんが、夢中になります。笑顔になります。歓声もあるかも。
やっぱり、絵の具っていいですよねー。

at 18:23, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

センダングサ



少し前の台風の時、外に置いてあった ちりとりが強風で飛ばされて無くなり、
家の周りを探しましたが見つかりませんでした。
あきらめていましたが、少し離れた一段下がった草むらで見つけました。
取りに行き無事 ご帰還となり、よかったよかったと。

しかしながら、大変なことに。
草むらのセンダングサの種がGパン、スニーカーにびっしりと付いていたのです。
よく犬がハリモグラのトゲを顔じゅうに刺さしてトホホの状態ありますよね。
あんな感じでトホホでした。
気が付かず、家の中に入ったので その辺りに種が落ちていてアッチャー!
取るのに一苦労でした。

この時期、草木は種のシーズンですよね。
いろいろな種がありますが、センダングサは生地や犬の毛などに付くタイプ。 
ひっつき虫と言っていましたね。(とげの構造、よくできていますよねー)
オナモミもその代表ですよね。子どものころよく遊びました。

スニーカーは皮でしたので、靴ひもにだけ びっしりと付きまして、
はっきりしてるなーと感心。
そこで思いついたのですが、ボードに生地のイラストを貼り、センダングサの草むらに
こするのです。
生地部分のみトゲ(種)が付き、髪の毛や髭、動物のトゲなどを表現できるのではと。
蒔絵のような理屈ですね。
どなたか、種して(試して)みませんか。

at 15:18, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

平山郁夫展とシルクロード



上田市市立美術館サントミューゼに「平山郁夫展」に行って来ました。
(今日、11月12日で終了)
「悠久の旅とシルクロードの遺宝」とサブタイトルがついています。

平山先生は、仏教美術の源流を追い求めて調査、研究をされました。
シルクロードを辿り、160回も現地取材したそうです。
そして、それを元にイメージを具現化し、作品にされました。
静謐で幻想的なその世界は、太古のシルクロードを思い起こさせるロマンのあるものです。

日本画は従来、情緒的な花鳥風月を描いて日本人だけに分かればいいという風潮があったそうです。
それを平山先生は、打ち破りシルクロードの砂漠やラクダなどを描いて、日本画の新しい方向を
切り開いてこられました。

閉塞間のあった日本画の世界を大きく変えて、可能性を導いてくれました。
今の、日本画界があるのも先生のお力が大きいと思います。

作品はシルクロードを行く隊商や、当時の遺跡や石仏などあり古代へのロマンがあります。
色彩は特に青色から緑色が清らかで深い色合いが大変きれいでした。
日本画の岩絵の具の色もいいものですね。

画題はシルクロードのエキゾチックなもの以外にも日本の美を追い求めたものもありました。
シルクロードの乾いたスケールの大きい景観に対し、日本の湿潤でしっとりした景観を見事に
表現されています。
先生は日本の美も追い求めてこられました。これも日本人として嬉しい気持ちになります。

展覧会は先生の作品の他、シルクロードの考古遺物も展示されていました。
先生は、世界の文化財保護の活動も精力的に行ってこられました。
その中でのコレクションの展示です。

へーっと驚くのは仏教美術の源流でもあるガンダーラ地方の仏像です。
ご存知でしょうが、仏教はインドで生まれ、北方のガンダーラに渡り、シルクロードを伝って
日本に伝来しました。
仏像はガンダーラ地方で、初めて作られたそうです。
アレキサンダーの兵の子孫が作ったので、ギリシャの文化(ヘレニズム)の影響を受けています。
ギリシャ彫刻の遺伝子が入っているのですねー。
だから、弥勒菩薩像なんか、彫りが深くバタ臭いイケメンですよ。髭まで貯えて人間臭い。
日本にある広隆寺の弥勒菩薩像は中国・朝鮮の影響を受けているかもしれませんが、あっさりした
お顔立ちです。
線も単純化され、曲線美が強調されていて象徴的です。
シルクロードを長い時間をかけて伝わってきて、その地方、地方の影響を受けて こんなにも
変わるんですねー。
歴史、文化、技術・・・いろいろあっておもしろいです。

平山先生、お亡くなりになられて、もう8年が経ちました。
今も、その残念な強い気持ちは変わりません。
奈良や京都、そのほかのお寺さんを巡る機会があれば、遠くガンダーラ、敦煌など昔のシルクロードの地に
思いをはせ、見学したいと思います。

at 19:10, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

紅葉



秋が進み、紅葉の季節になりました。
縦長の日本、その進み具合も地方によって異なると思いますが、
この3連休で紅葉狩りに出かけた方もいらっしゃることでしょう。

ここ信州の紅葉も始まりました。
昨日、用事がてらに上田市郊外の塩田地区に行って来ました。
信州の鎌倉と言われ、古刹が多く風光明媚な所です。
少なくなったとはいえ古民家もまだ点在しています。

木々の色づきも、種類によってばらつきがあるようです。
その色合いもハーモニーがきれいです。
問題は天気です。
生憎の曇り/小雨になってしまい、輝きがいまいちでした。
でも、しっとり濡れる風情もまた良いものです。
抑えた色調で、秋の侘しさが漂ってまいります。
昔ならこれで鹿が鳴けば、もっと趣が深まりますかね。
(聞いたことないですが)

秋は意外と雨の日が多く、晴れの日との落差が大きくて
落ち着きませんが そんなもんだと思って季節を親しみましょう。
車から降りて、ぶらぶら散歩もしてみましょう。
紙風船の歌ではありませんが冬が来る前に。

上の絵は昨日のスケッチです。
風もあって寒かったので、ちゃっちゃっと描いて来ました。
色を作るのも楽しい時間でした。自分で作る秋色です。
ブライトカラー使用。
油性ペンで描くと短時間で描けていいです。

at 17:30, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

フジバカマ



またまた秋の七草です、すみません。
今日はフジバカマです。

先日、農協のスーパーで農家さんが野菜など直接持ち込み売っているコーナーで、
苗木を200円で売っていたので買いました。(1鉢だけ残っていました)
花はまだ蕾の状態です。

フジバカマは秋の七草の中で唯一の帰化植物です。
中国原産のキク科ヒヨドリバナ属の多年草だそうです。
花の色が藤色、形が袴に似ているからその名が付きました。

万葉集にただ一首、山上憶良が秋の七草として歌を詠んでいます。
奈良時代には、すでに帰化し自生していたそうですよ。
後の時代にも長い間、日本人に親しまれてきました。歌にも詠まれました。
淡いピンクが雅な雰囲気を醸し出しています。

ところがですよ、今は準絶滅危惧種らしいです。
確認できない県もあるそうです。
なんでそんなことに?
実はフジバカマが自生できる環境が破壊されてどんどん減っていったそうです。
動物ではよく聞く話ですが植物でもあるのですね。ちょっと寂しいですね。
可憐な花なのに・・・・何とかならないでしょうかね。

園芸用で売っているものは、日本産ではないかもしれないそうです。
本種でないかもしれない。
では私が買ったものは?どちらか、ちょっと心配です。

フジバカマの特徴に香りがあります。
刈り取った葉や茎から良い香りがします。
桜餅の葉のような匂い。クマリンという物質です。(ゆるキャラみたいですね)
日本では厠(トイレ)に吊るしたり、髪の中に匂い袋を入れたりして楽しんだそうです。

昔は名前を蘭と言ったそうですが、明治になって蘭は花を楽しむ今の蘭(蘭花)、
フジバカマは香りの蘭草として区別したそうです。
蘭とは言わなくなったそうです。名前ジャックされたのです。おいたわしやー。

でも、熱烈なファンがいることが救いです。蝶です。フジバカマの花は蝶が好むようです。
有名なのはアサギマダラです。海を渡るあの蝶です。
今年はもう望めませんが、来年も花が咲いたら是非お越し頂きたいと思います。
来てくれたら嬉しいです。来年が待ち遠しいです。

本当に仲の良いお二方なので、フジバカマが絶滅したらどうなるのかな。
これも文明化の功罪ですね。
憶良さんが知ったら、悲しむでしょうね。

at 20:01, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

萩(ハギ)



先週に引き続き秋の七草の話です。
春の七草は、すんなり言えますが、秋はちょっとすぐ出てきません。(私は)
でも、覚えるコツをネットで調べましたのでもう大丈夫です。
語呂で覚える方法、頭文字を並べて覚える方法があります。
後者を紹介します。
もうご存知の方も多いと思いますが「オスキナフクハ」です。
オミナエシ
ススキ(オバナ)
キキョウ
ナデシコ
フジバカマ
クズ
ハギ

でも、名前だけ覚えても実際の花を親しまないと意味ないですよね。
普段ススキやクズなどよく見る草もありますが、フジバカマやオミナエシなど
なかなか目にすることのない草もあります。
里山を歩いたり、名所を訪ねたりしてお目にかかりたいものです。

どちらかと言うと春の七草は味覚、秋の七草は視覚を楽しむものだそうです。
これから見られる花はハギ、フジバカマ、ススキぐらいでしょうか。
名所など訪ねてみれば、その草だけでなく周辺の事柄が分かってきてより興味が深まるはず。
詩歌など口ずさんでね。風流人。

ハギは万葉の時代から親しまれ、万葉集の歌の中で一番多く出てくる植物らしいです。
昔は花見と言えば春は梅、秋はハギだったらしいですよ。
それほど人気の花だったんですねー。

萩と言う文字は漢字ではなく和字だそうです。
平安のころ秋の代表の花と言うことで創作されたそうです。
万葉集の中にも、ハギの花が咲くのを待ちきれない内容の歌がいくつかあります。
もともとは、山の端などに生えたりしていたものを移植して身近にしました。
もちろん野生のものも愛でました。

実際、花は赤紫(白もありますが)で葉も卵型でかわいいです。
見た目だけではありませんよ、家畜の飼料、薬(葉)、食用(芽)、屋根葺き、ほうき、田畑の緑肥
などにも使われたらしいです。ユーティリティプレイヤーです。

萩の名所と言えばお寺さんが多い気がしますが、気のせいでしょうか。
野原のハギもよいと思いますが、お寺さんで見るハギも風情があります。
よく、マッチしますね。なぜそこに植えられたのかも知りたいところです。

上のスケッチは、長野市の長谷寺です。
ブライトカラーで描きました。

at 17:49, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

ススキ



10月も半ばに入り、冷え込んできましたね。
野原の野草にも、黄色やオレンジ色がチラホラ混ざるようになってきました。
秋の七草を意識する人もいらっしゃると思います。

秋の七草の中で一番認識されている野草と言えば、やはりススキでしょうかね。
最も秋の侘び寂びの雰囲気を伝えてくれます。
万葉の古より詩歌や絵画、陶芸、着物などで扱われていますね。
別名、尾花・萱・振袖草・乱草・露見草・旗薄などとも言われるそうです。

穂が日光を浴びて輝き、揺れている様は本当に美しいと思います。
特に、逆光が美しいです。
花(穂)を見て日の光(光効果)を感じるって、他の植物ではなかなかないと思います。

普段離れた所から何気なく見ていますが、近くで見ると穂は細かく分かれています。
穂は花序で小穂が集まっています。
穂、穂と言いますが、花なんですよね。(当たり前ですが)これ自体は地味です。

昔から、人に関りが深い植物で、屋根(カヤですね)、俵、飼料、草履、すだれ、
ほうきなどに使われたそうです。そうそう、お月見に供えたりしますね。
でも、秋の訪れで一番に感じるのはススキの景観ですよね。

ススキの絵で思いつくのは、東山魁夷先生の「秋思」「芒野」、いわさきちひろ先生の
「すすきと子どもたち」(秋の草花の作品が多いです)佐竹栄海の「秋月野花図」
(武蔵野の野原のイメージらしいです。武蔵野は昔、萱原の美しさで知られていたとのこと)です。
どれも日本の原風景を表し、郷愁や心に沁みる感を感じます。
その感じって、遠い昔の万葉びととも共有しているのではないかなんて思うと時を超えたロマンを
感じますね。

上のスケッチは、昨日のもので、曇天気味でした。
穂の部分はマスキングマーカーを使おうとしましたが乾いていて使えず仕方なく、
薄いはだいろで先に塗り
周りを描き足しました。雑な絵になってしまいました。
ブライトカラー使用です。

at 20:25, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

ヒメツルソバ



我が家の庭の一角にヒメツルソバの花が咲いています。
(別名カンイタドリ、ポリゴナムとも言います)
タデ科の多年草で、中国南部・ヒマラヤが原産地で明治時代に園芸用として
渡来したそうですが、野生化もしたそうです。
花がソバに似ていて、蔓性、小さいのでヒメを付けてネーミングされたそうです。
ですので、そば粉は採れません。

花は集合花で丸く、金平糖に似ていると言われます。(金平糖久しく食べていません)
かわいい花です。(見た目)
春から秋にかけて咲きますが、秋に本格的に咲きます。(夏は咲きませんでした)。
夏が終わり秋になって花のシーズンが終わるなーと思っているところ、盛んに咲き出だして
元気をくれました。
夏の初め通販で二株来て、それはもう貧弱で大丈夫かなと思ったのですが、かなりの
繁殖力で伸び続け、花もちゃんとつけてくれました。
かわいい花です。(愛情で)

葉のことも。
濃い緑色で鼻緒のような筋がありまして、観葉にもなります。
これはVサインにも見えます。受験生にも縁起のよい植物になればいいなと思います。
これから紅葉するので、それも楽しみです。
しかしその後、信州は寒いので寒さに耐えられるかちょっと心配です。
ずっとソバにいてほしい花です。

上のスケッチはブライトカラー使用。花のピンクはローズです。

at 00:50, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -