ぼんやり



NHK朝ドラ「スカーレット」が放送終了になりました。
半年間、楽しく拝見させて頂きました。ありがとうございます。

その中で、印象に残っている言葉があります。
主人公 川原喜美子(戸田恵梨香さん)が勤めた丸熊陶業の絵付け指導者 深野心仙(イッセー尾形さん)の
言葉です。
会社を去ることになり、行く末の身の処し方を語った時です。
「こんなことをぼんやり考えていた」のだと最後に言った言葉です。

「ぼんやり考える」普段なかなか使いません。
ぼんやりという言葉、辞書で調べれば 間が抜けている、ぼやけている、気持ちが集中していない
などマイナスイメージばかりです。
でも、ドラマでの言葉は悪いイメージではなく、何かを変えたいと思う前向きなイメージが先に来ました。
なぜか心に響きました。
普段から心のどこかに引っかかっていて、希望も少しあってという感じです。
何かを行動に移すのにそれを考える過程が大事な感じがします。肩肘張らずに自然に。
最後はぼんやりをはっきりさせていく。

絵画でもぼんやり描く表現があり、効果的に絵の魅力を高めています。
これもマイナスイメージではありません。
一番初めに思い出すのは長谷川等伯の「松林図屏風」です。
霧なのでしょうか奥にある松の木をぼんやり描いて近くの松の木を引き立てています。遠近も。
かと言って、主従の関係ではなくどちらも主張しています。
空白も生きていて空間を感じさせる。見る人が頭の中で作り上げる作品です。
大傑作ですね。(日本人に人気の絵ですね)

坂本繁二郎の馬の絵もぼんやり描かれています。
これは松林図とは違い全体がぼんやりとしていて、効果は全然違います。
馬が光に包まれ、やさしく温かい感じで自然と一体の生命を感じます。
そして馬への愛情が伝わってきます。ぼんやりはマイナスイメージではありません。

上の絵は昔ベネチアに行った時の写真を元に描きました。
3月で霧に覆われていました。
遠くにサンタ・マリア・デラ・サルーテ聖堂が見えますが殆どシルエットで、
ぼんやりして威厳よりもやさしい雰囲気です。
ぼんやりはいいです。


at 17:37, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

祈りのサンタ・マリア・デラ・サルーテ聖堂



新型コロナウイルスによる疫病が世界を席巻して、深刻な事態になっています。
特にイタリアでは被害が大きく心配です。

世界的な感染で連想するのはペスト(黒死病)です。
ヨーロッパでは14世紀、15世紀、16世紀に大流行しました。
イタリアはアジアからヨーロッパへの感染の入口だったようです。
その当時は当然医学も発達していないので、人々は神の罰だと思い自身を責めたそうです。
お互いに鞭を打ち行進し、懺悔することもあったそうです。悲惨ですね。
人々は死への恐怖を感じ(メメント・モーリと言うんですか)、世の無常を感じていたでしょう。
死の恐怖を描いた「死の勝利」(1376年頃)というフレスコ画がピサの霊廟に残っているそうです。
死者や骸骨や死神が象徴的に描かれ、それは恐ろしい世界です。
ベネチアでも感染は広がり、17世紀にはひと月に15万5千人近くの人が亡くなったそうです。
ベネチアの人々は疫病の終息を祈り新しい聖堂を建設しました。
この聖堂(教会)はサンタ・マリア・デラ・サルーテという名でその祈りは現在まで続いて、
毎年11月21日にお祭りを開いています。(そこに向かう船橋を架けます)
その教会はベネチアで一番美しい教会と言われています。
私もかなり昔に観光で行きましたが、この教会は遠くからしか見ていませんでした。
それも霧でかすんでいて。(これも幻想的で素敵でしたが)

祈りの日(ミサ)の光景を描いた絵があります。
グゥアルディという画家が描いた「サンタ・マリア・デラ・サルーテ聖堂への行進」というタイトルの。
(ルーブル美術館蔵)
1770年の作なので、かなり後に描かれたものです。
でも、ベネチア人の行列がすごくて、信仰の深さが偲ばれます。

悲観ばかりしてはいけません。
人々の信仰のもと(そう思いたいです)、ペストの終息に向かうと同時にあの輝かしい文化ルネサンスが
開花しました。死に対し生を謳歌する文化です。
その文化はその後も影響を及ぼし今も私たち現代人を魅了してやみません。
歴史的な芸術作品を鑑賞でき、その精神に触れることができて幸せです。

今、新型コロナウイルスの猛威にさらされていますが、万全な予防をして何とか消息させ
明るい将来が開けていることに希望をもっていたいですね。
心にサンタ・マリア・デラ・サルーテ聖堂に相当するものを思い描いて。

上の絵はグゥアルディの「サンタ・マリア・デラ・サルーテ聖堂への行進」を元に描きました。

at 14:02, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

里の春、山の春



3月も半ばになりますといよいよ春本番になっていきます。
東京の桜も咲いたそうで、今年は早いですね。
春は徐々に進んでいきます。
しかし我が家の付近も暖かくはなったのですが、また雪が降ったり
しています。
朝起きたら、山の方は白くなっていました。

新美南吉の童話作品に「里の春、山の春」があります。
タイトル通り、里の春と山の春の話です。
山で生まれた小鹿が里に下りてきて初めての春を体感して帰る話です。
山はまだ春になっていません。
里に下りて初めてサクラの花を見、知らないおじいさんにやさしくされ、
桜の花の枝を角に付けてもらって、促されて山に帰るという話ですが、
きわめてシンプル。
山には優しい父母がいます。これからの小鹿の成長を感じさせる愛を感じる
春の出来事でした。

春の進みも里と山では大きく違います。
いつも遠くから山を見ていますが、そこに行けば様子は違っていて別世界です。
人の存在のない、神も宿るという神聖なエリアです。
ところが、最近は環境の変化か、近づいてきてしまっています。
クマや、イノシシ、サルなどの獣が里に下りて来ています。
動物に罪はなく、人間のせいだと思うと複雑です。
今、人を苦しめているコロナウイルスもそんなことが一因ではないでしょうか。
ある程度、山とは距離をもった方が良いと個人的には思います。
新美南吉は違いを肯定したかったかもしれません。

絵本があって、絵は日本画家の鈴木靖将先生です。
日本画の技巧が生かされて、私的には琳派の雰囲気があるように見えます。
(野々村仁清や鈴木鈴木其一など)
豊かで華やいだ春です。
良い絵本ですので、是非ご覧ください。

春の変化の奥深さに敏感でいたいと思います。

at 17:33, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

ゼラニウム



コロナウイルスの感染が広がっていて心配です。
皆様、どうぞお気をつけください。

ホームセンターにゼラニウム(苗)があったので、春の気分になるかなと
思い買いました。

絵の具でゼラニウムという色が昔からあって、油彩を始めた高校生の頃は
花の名前とは知りませんでした。
ゼラニウムの花はいろいろな色がありますが、絵の具には赤が選ばれたようです。
原種が赤だったのか、一番人気の色だったのか 理由は分かりません。
日本に来たのは江戸時代だそうで、天竺葵という名で親しまれたそうです。
江戸庶民、洋ものも自然に受け入れていたんですね。

花の色はきれいなのですが、葉の匂いが強く苦手な人もいるようです。
虫が匂いを嫌うのでヨーロッパでは虫よけに使ったそうです。
「FISH GERANIUM」という英名は魚の匂いのようだからだそうです。
匂いで虫を引きつけるバラのような花がある一方で、匂いで遠ざける花もあるなんて
植物もいろいろですね。食べられては大変ですもんね。
NHKの番組「植物に学ぶ生存戦略」で是非取り上げてほしいです。
あっ 匂いはヘクソカズラでもうやってました。

ゼラニウムが描かれた洋画は知りませんが、燃えるような赤なので三岸節子さんの
ような画風が合いそうで、あれば是非見てみたいです。
上の絵はベイシックカラーとブライトカラーで描きました。

at 21:16, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

クリスマスローズ



3月になりました。
いよいよ春なのですが、新型コロナウイルスの問題で心は晴れません。
何とか早く終息してほしいですね。
皆様、くれぐれもお気をつけください。

人が集まらない所の屋外に出ることはよいことらしいので家の周りを見て回りました。
今年は暖冬だったので、花の開花が早く黄梅、フクジュソウ、クリスマスローズなど
例年より早く咲いています。

そこでクリスマスローズを描いてみました。
上の絵です。(ブライトカラー使用)
丁寧には描いていませんが、手の動くままに描きました。

学名 ヘレボラス(キンポウゲ科)
多年草(毎年咲きます)
色々な種類があって、我が家のは茎が無い無茎種らしい。(根から葉柄が出る)

原産はヨーロッパ、西アジア、中国西部だそうです。
花に見えるのは萼片(がくへん)。花の周りに出る葉のようなものだそうです。
クリスマスの頃には咲かず、春に開花します。そしてバラでもありません。
「冬の貴婦人」といって、定かではありませんがヨーロッパではクリスマスの頃咲くそうです。

貴婦人というだけあって、独特な色彩で大人の雰囲気です。(いろいろな色があります。)
ただ、花が下を向くので、目線以上の高いところに置いて鑑賞したほうが良いと個人的には
思います。

「どうしてうつむいているの?」なんて聞くと昭和の歌謡曲の歌詞みたいですね。
愛好家も多いそうで、人気の花です。
ドラマでも出てきましたね。

at 18:09, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

農民美術



信州 上田市立美術館サントミューゼで開かれている
「農民美術 児童自由画 100年展」に行ってきました。(2月24日まで開催)

山本鼎が始めた「農民美術運動」「児童自由画教育運動」が100年目になり、その功績を
振り返る展覧会です。

鼎はロシアで見た農民の手工芸品に感銘を受け、日本の農閑期の農民にもできると考え
第二の故郷でもある上田市で指導し制作を始めた。
販売して収入を得る副業にもなりました。
鼎は「農民美術」と呼び全国に広める運動をしました。
戦時中は下火になったものの、戦後再び上田市では復興しています。

作品は木彫りの木っ端人形、家具、刺繍などですが、気に入っているのは木っ端人形です。
手のひらに乗る大きさで素朴でかわいい。味わいがあります。
モチーフは仕事、祭り、スポーツなどですが、昔の風俗は絵になりますね。
何か人間的で原風景のような感じがします。
それにしても、単純化されたフォルムでも、身体のバランスが良く取れていて、動きがあります。
当時の農民の方、みんなセンスが良かったんですねー。
山本鼎さん、それらを引き出し導いてくれた偉大な方でしたね。
現代でも眠っている才能は誰でも持っているのではないでしょうか。
現代の鼎さんが現れないかなー。
児童の自由画については、本ブログ2014.3.22で紹介していますのでよろしかったら
ご覧ください。

上のイラストは木っ端人形(パンフの写真を見て描きました/写真が小さくて苦労しました)と、
農民美術の研究所として建てられた建物です。
(1923年に開所。北欧の茅葺民家をイメージしたそうです)です。
この建物、今は壊されてありません。ひじょーに残念です。
後ろに立っているのが山本鼎先生です。ダンディです。さすがヨーロッパ帰りです。

今回の展覧会、手仕事の良さを改めて感じた会でした。それと身近な文化大事にしたいですね。



at 19:56, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

詩「不出来な絵」



最近、石垣りんさんの素敵な詩を知りました。
「不出来な絵」という詩です。

その最初の一節を紹介します。
「この絵を貴方にさしあげます
 下手ですが
 心をこめて描きました」

描いた絵を欲しいと言われ、下手な絵だからあげられないと思うのですが、
世間体や見得を気にせず意固地をやめ、あげることにするという詩です。

その絵は、自分の愛している(好きだといっても良いと思います)風景です。
季節が変わっても、時刻が変わってもその対象をことごとく愛していると
うたっています。
その風景には、いろんなものが込められているんでしょうね。
だから精いっぱい心をこめて描いたのだと思います。

これは、単に目の前の風景を描いたのではなく、対象を愛する自分の気持ちを
描いているんですよね。
そのくらい、対象に対する強い気持ち、素直な気持ち、感動の気持ちなど、
絵を描くときに大事にしたいですね。
下手とか上手いとかではなく、心のまま描きたいです。そして誰かにも見て
もらえればなお良いです。絵っていいものです。

「不出来な絵」いい詩です。
その詩全文は、ネットでも見ることができました。
解釈はいろいろあると思いますが、是非 鑑賞してみてください。
詩集「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」に収録されていて、他の詩ととともに
石垣りんさんの世界を知ることができると思いますので手に入れたくなりました。

at 21:51, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

雪にもいろいろ



寒くなりました。
本来の冬の寒さと雪が戻ってきましたね。
信州でも雪が降り、雪のイベントができるようになりました。
昨夜、我が家の付近も雪が降り今朝薄っすら積もっていました。

雪にもいろいろな雪があり、表情も豊かです。
日本の風情です。
中原中也の「生ひ立ちの歌」という詩があり、中也の人生の変遷を雪に例えて
うたっています。
雪の状態の比喩が面白いです。
「真綿のよう」「花びらのよう」「いとしめやかに」とか「いとなよびかになつかしく」とか
「なよびか」なんて知らない言葉でした。
雪もこんな風にいろいろ表現できるんだと。
これは中也の心の反映で、鏡なんですね。
そう思うと、自分も雪を見たときどんな風に言葉を発するか。
雪景色を描くときには心の中で、つぶやいて描くといいかもしれません。

皆さんもつぶやいてみてください。
あっ、これって雨でも風でも匂いでもなんでもいいんですよね。
作る絵の具の色が変わってくるかもしれません。

中也は1937年、30歳の若さで亡くなっています。早すぎますね。
「汚れつちまつた悲しみに」はあまりに有名ですが、他にも面白い作品がありそうで
開拓したいです。

at 20:18, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

土偶



長野県立歴史館で開催されている「土偶展/中部高地の土偶」に昨日行って来ました。
(展覧会は本日2月2日で終了です)
長野県は全国でも有数の土偶出土地域とされていて、山梨県の出土品と合わせた展覧会です。

日本の土偶は世界に誇る古代芸術であり、独創性に富み現代でも新鮮に私たちの心に響いてきます。
フォルムの美しさ、優れた装飾性、愛嬌とユーモアのある表情に愛して止まない人が多くいること
でしょう。

展覧会を見て改めて思ったのが、土偶は人間ではないそうですが可愛くてキャラクターが
豊富だということです。
日本の文化である現代のかわいい系キャラや漫画、アニメに通ずるものがあるということ。
縄文時代から連綿と続いていたんだと思うと悠久のロマンを感じます。
(以前は平安の鳥獣戯画の頃がルーツと思っていました)

良く知られている縄文のビーナスなどに対し、小さくてより素朴なつくりの落書き的なものが、
ぬくもりがあって面白いです。
どれもほとんど全身ではなく顔が主です。

その中で特に気に入ったものがありました。
パンツ姿のおじさんみたいなものです。笑ってしまいます。どんな偶像?
(松本市エリ穴遺跡の出土なので縄文後期のものになる)
現代にもこんな方いそうです。
思わずニヤッとしてしまいます。作者はどんな人?会ってみたいです。

でもね、土偶って最後は壊される運命なんですよね、壊すために作られる。
そう思うと悲しいですよね。面白ろうてやがて悲しき土偶かな。
今、土偶は人気で そのことがせめてもの供養になっているといいのですが。
見ていると土偶っぽい何かを創作してみたい気持ちになります。
心が和らいだひとときでした。

前回(2020.1.26)のブログ「大河ドラマ麒麟がくるの衣装の色」に対し
コメントを頂きました。ありがとうございます。
イラストはブライトカラーで描きました。
着物の緑はビリジャンにほんの少しブルー(そらいろ)を混ぜました。
濃淡は水の量の差です。
立涌文は最後にポスターカラーの白で描きました。

at 18:23, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), -, -

大河ドラマ「麒麟がくる」の衣装の色



今年の大河は久しぶりに戦国時代ものですね。
「麒麟がくる」で、明智光秀の物語です。

今までのようなビッグヒーロではないけれど、歴史上の重要な出来事の本能寺の変を起こした
陰のイメージが強い光秀に視点を変えて光を当てた物語なので新鮮だと思います。

第1回目を見て印象に残ったのが、登場人物たちの衣装の色鮮やかさです。
武将というと渋いイメージの色を連想しますが、本当にあんなに鮮やかだったのかなと
思いました。(4K放送のせいもあるのだと思いますが)
戦国の武将100人の肖像画をざっと見ましたが、そんなに派手な色はありません。
(鎧の糸威しの色は除く)
もっとも、正装が多いので当たり前かもしれません。(秀吉の白はどんな意味があるのかな)

番組のホームページに衣装デザイナーの黒澤和子さんのインタビューがありました。
「映像は監督のものだ」という考えで、監督に考えやイメージを聞き、相談しながら
色彩イメージを決めていくそうです。そして登場人物のキャラクターに合わせ落としこんで
いくそうです。
黒澤さんは「戦国時代は日本の歴史の中でも とても派手な色が使われていた時代です」と
仰っています。だからビビッドに設定するのだと。
そうか、知りませんでした。だとすると今までのドラマは演出で抑え気味だったんですね。
今回のドラマは時代考証に忠実な色彩にしているので(キャラに合わせ柄も含め、演出はあるそうですが)、
新鮮な感じで見ることができるでしょう。
こんな感じだったんだーと、あの時代の普段の暮らしのイメージが少し変わりますね。
今の時代より自由だったのではないか。
ドラマにおいても色の役割は大きいです。創作の楽しさも伝わってきます。

上のイラストは1回目放送の光秀(十兵衛) 若いころです。
ブライトカラーで描きました。
着物の緑はビリジャンにほんの少しブルー(そらいろ)を混ぜました。
濃淡は水の量の差です。
立涌文はポスターの白で、最後に描きました

1回目の衣装は若造だからかなり派手な色設定なのか。
青磁色か青緑色か?濃淡を市松模様にはぎ合わせてあります。
この頃の染色ではグリーン系は青(藍)と黄(黄蘗など)の重ね染めが主流だから、同じ染め方に
なるのでしょうね。
柄も立涌文の白抜きで遊び心があります。
光秀の前半生は謎に包まれているそうですが、こんなに明るい人だったのでしょうかね。
面白いです。
今後年を重ねていくにしたがってキャラが変化して。それに合わせどんな色の着物になっていくのか。
その変化も楽しみです。

at 19:03, まっちブログ, 工場長 新井

comments(1), -, -