ススキ



10月も半ばに入り、冷え込んできましたね。
野原の野草にも、黄色やオレンジ色がチラホラ混ざるようになってきました。
秋の七草を意識する人もいらっしゃると思います。

秋の七草の中で一番認識されている野草と言えば、やはりススキでしょうかね。
最も秋の侘び寂びの雰囲気を伝えてくれます。
万葉の古より詩歌や絵画、陶芸、着物などで扱われていますね。
別名、尾花・萱・振袖草・乱草・露見草・旗薄などとも言われるそうです。

穂が日光を浴びて輝き、揺れている様は本当に美しいと思います。
特に、逆光が美しいです。
花(穂)を見て日の光(光効果)を感じるって、他の植物ではなかなかないと思います。

普段離れた所から何気なく見ていますが、近くで見ると穂は細かく分かれています。
穂は花序で小穂が集まっています。
穂、穂と言いますが、花なんですよね。(当たり前ですが)これ自体は地味です。

昔から、人に関りが深い植物で、屋根(カヤですね)、俵、飼料、草履、すだれ、
ほうきなどに使われたそうです。そうそう、お月見に供えたりしますね。
でも、秋の訪れで一番に感じるのはススキの景観ですよね。

ススキの絵で思いつくのは、東山魁夷先生の「秋思」「芒野」、いわさきちひろ先生の
「すすきと子どもたち」(秋の草花の作品が多いです)佐竹栄海の「秋月野花図」
(武蔵野の野原のイメージらしいです。武蔵野は昔、萱原の美しさで知られていたとのこと)です。
どれも日本の原風景を表し、郷愁や心に沁みる感を感じます。
その感じって、遠い昔の万葉びととも共有しているのではないかなんて思うと時を超えたロマンを
感じますね。

上のスケッチは、昨日のもので、曇天気味でした。
穂の部分はマスキングマーカーを使おうとしましたが乾いていて使えず仕方なく、
薄いはだいろで先に塗り
周りを描き足しました。雑な絵になってしまいました。
ブライトカラー使用です。

at 20:25, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

ヒメツルソバ



我が家の庭の一角にヒメツルソバの花が咲いています。
(別名カンイタドリ、ポリゴナムとも言います)
タデ科の多年草で、中国南部・ヒマラヤが原産地で明治時代に園芸用として
渡来したそうですが、野生化もしたそうです。
花がソバに似ていて、蔓性、小さいのでヒメを付けてネーミングされたそうです。
ですので、そば粉は採れません。

花は集合花で丸く、金平糖に似ていると言われます。(金平糖久しく食べていません)
かわいい花です。(見た目)
春から秋にかけて咲きますが、秋に本格的に咲きます。(夏は咲きませんでした)。
夏が終わり秋になって花のシーズンが終わるなーと思っているところ、盛んに咲き出だして
元気をくれました。
夏の初め通販で二株来て、それはもう貧弱で大丈夫かなと思ったのですが、かなりの
繁殖力で伸び続け、花もちゃんとつけてくれました。
かわいい花です。(愛情で)

葉のことも。
濃い緑色で鼻緒のような筋がありまして、観葉にもなります。
これはVサインにも見えます。受験生にも縁起のよい植物になればいいなと思います。
これから紅葉するので、それも楽しみです。
しかしその後、信州は寒いので寒さに耐えられるかちょっと心配です。
ずっとソバにいてほしいい花です。

上のスケッチはブライトカラー使用。花のピンクはローズです。

at 00:50, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

大相撲と日本刀、御嶽海関



信州坂城町の「鉄の展示館」で「大相撲と日本刀」という展覧会が開かれています。
(11月5日まで)
本日行って来ました。

「鉄の展示館」は坂城町が日本刀の人間国宝 故宮入行平刀匠の出身であること、
戦国時代に製鉄炉もあり鉄の加工技術に関係が深いことで開設されました。

この展覧会は最近の相撲ブームも一つの理由だと思いますが、相撲と地元の伝統工芸の
刀を結び付けて開催されたのだと思います。

江戸時代に横綱他 強豪力士の中には大名に抱えられ、帯刀を許されたものがいたそうです。
力士の地位や権威を示す象徴として役割を果たしたそうです。
その時代の名だたる刀匠によって製作されたものもあるそうです。
浮世絵に出てくるお相撲さんも刀を持った姿が沢山見られますよね。
相撲と刀、そんな深い関わりあいの歴史があります。
現代の横綱が持った刀も現代の名匠が作成しているようです。

展示品の刀は主に明治・大正以降の横綱の物でした。
刀、改めて優れたものを見ると、美しいですね。
肌模様、緊張の中に優雅さもあります。
刀身以外にも柄や鐔、鞘、下げ尾など素晴らしいです。
鋼の加工だけでなく、他の金属加工、漆、蒔絵、象嵌、組紐、など
日本の伝統工芸の粋が集まっています。
日本刀は見ごたえのある、伝統工芸品だと思います。気があります。

今日は一日館長として、地元信州出身の御嶽海関が来てくれました。
トークショウもありました。(午前中は町の運動会に飛び入り参加されたそうですよ)
土俵上の厳しさに反し、ユーモアがあり優しく気遣いがあり、とても
楽しい時間でした。
地元からは久しぶりの関取で、長野県全県をあげて、応援しています。
ご本人も地元の応援が素晴らしく、感謝しているとの気持ちをお話になっていました。
是非頑張って横綱になってほしいです。
上のイラストは、そんな願いを込めて浮世絵風に描きました。

相撲関連の展示物、日本刀、御嶽海関と嬉しい展覧会でした。

at 20:35, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

秋の空



9月、お彼岸も終わろうとしています。9月もあと1週間ですねー。
日中は晴れれば、暑いくらいですが、朝夕は涼しいですね。
皆さま、気温の変化で体調をくずさないように気を付けて下さいね。

しかしながら空気は澄んで、爽やかです。
空も巻雲(すじ雲)が出て、空の高さが感じられ気持ちが解放されるようですね。
雲が無くても、秋の空は青がはっきりして気持ちがいいです。

夏目漱石の俳句に「生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉」というのがあります。
漱石は明治43年に修善寺の大患といって危篤状態になったことがあります。
(胃潰瘍が悪化して滞在先の旅館で、大量吐血し、一時脈がとまりました)
その後奇跡的に快方に向かいました。
(よかったですねー。でも最後まで胃潰瘍は完治せず、6年後に亡くなることに)

それで元に戻しますと。その修善寺の大患の後に詠んだのが件の俳句です.
赤蜻蛉だから季節は秋、そして爽やかな青く澄み切った空だったんでしょうね。
生死をさまよった後だから、生きている喜びその感慨深い気持ちはいかばかりか。
健常な人間には、推し量ることが難しいです。
でも、その話を聞いちゃった後は、秋空の見え方も前と違ってきませんか?
大げさですが、生きてる実感。

上の絵は今日の自宅近くの空です。
巻雲がちゃんと出てまして、躍動しています。
ポスターカラーで描きました。
初めに太めの平筆で、青をざっと塗ります。
近くは濃く(ロイヤルブルーとウルトラマリンと白の混色)、中景は中間の青
(ロイヤルブルーと白の混色)、遠くは淡い青(ロイヤルブルーと白を多く混色)
さらに遠くは若干レモンイエローを注しました。
その時、雲の核は塗らずに紙の白を残しました。(後から塗る色に影響しないように)
そして、平筆でカスレを入れてぼかしながら雲を塗りました。(白く残した上にも塗ります)
雲もトーンを付けて。(巻雲はあまりトーン差がありませんが)
私の場合、緻密に描くのが苦手なのでなるべく勢いをつけて描くことにしています。
最後に、水だけを含ませた筆で、雲をなぞって若干ぼかしました。
(タッチを殺さない程度に)
向こうに見えるのはブドウ棚です。(収穫真っ盛りです)

空を描くのも面白いですね。
この間NHKの「美の壺」で空ばかり描いている作家さんが紹介されていました。
大変面白かったです。もう空じゃなくって造形の創作になってました。
空への解釈が芸術で、深いなーと思いました。
黒田清輝画伯も雲を沢山描いてますね。空は魅力的ですよねー。
皆さんもぜひ、透明でも不透明でもいいので是非描いてみてください。

at 19:12, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

色づく田



秋の彼岸も近づき、日も短くなりました。
稲田もすっかり色づき、刈り入れを待つばかりです。

毎年いつもこの時期、同じ話題ばかりで申し訳ありませんが、輝いて美しい
黄金色の稲穂に魅せられます。
なぜか懐かしい気持ち、豊かな気持ちになります。
そんな景観を身近に見られる田舎に住んでいて良かったなあと思います。

昨年は雨が続き、なかなか稲刈りが出来ずに農家の方が困っていました。
今年も雨が多く、この週末も台風の影響で雨の地域が多いようで今後の
稲刈りが心配ですね。
田んぼに水が溜まりぬかるんでしまうと、大変らしいです。
どうか天気が回復し、刈り入れ日和が続いてほしいです。
そして実りが多い年でありますように、お祈りしています。

ところで大相撲の遠藤関のまわしの色、黄金色になりましたね。
前はワインレッドでしたが、心機一転でしょうか。
日本伝統文化の大相撲と瑞穂の国の象徴的色彩の黄金色の取り合わせ、
しっくりくる感じがします。
遠藤関は昨年、怪我で不調になり十両まで落ちてしまいましたが、
現在は幕内に戻り健闘しています。
黄金色のまわしで、稲穂と同じように実りの多い土俵になったらいいですね。

先週と今週、田の広がるところに行って、油彩・水彩を描いて来ました。
描いても、描いても飽きることはありません。
後で(この時期以外)その絵を見ても嬉しい気持ちになります。
上のスケッチは、民家と秋の田を描いたものです。(水彩)
(人の気配があると暖かい絵になります)
正岡子規の俳句にこんなのがあります。
「ところどころ家かたまりぬ稲の中」
日本の農耕風土、原風景を感じる句ですね。

at 20:13, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

蕎麦の花


向こうの白っぽい畑がそば畑

9月に入っても、台風の影響で雨が続き 涼しい日が多かったですね。
ここにきてやっと晴れ間になり、スカッとした天候になりました。

そこでちょっと出かけてみました。
信州は東信地方、上田市武石地区です。
美ヶ原に行く途上、山間に田が広がります。
稲穂が色づき、赤とんぼの群れに秋が進んでいることを感じました。
(先週の話の後で赤とんぼ・・・でき過ぎです)

それに、何といってもこの時期ならではの、信州ならではの風物があります。
そばの花です。近くで見ると白くて かわいい花です。
今、ちょうど見ごろです。
そば畑は びっしりの花で、白いじゅうたんとよく例えられますね。
芭蕉の句に「蕎麦はまだ花でもてなす山路かな」というのがあります。
(詠んだところは信州ではありません)
昔の人もそばの花は目の保養になったのですかね。

ここ信州は、色づいた稲穂の田の隣が そば畑の所もあり、黄色と白の組み合わせが
面白いです。(どなたか俳句を詠んでみませんか)

来月になれば実が収穫されます。
そしたら、そば好きには嬉しい新そばが出てきますね。
待ち遠しいです。
是非信州にお越し頂き、ご堪能頂きたく思います。
ルチンと言う成分が豊富で、健康にも大変良い食べものですよね。

信州はそば処、その名声は江戸時代かららしいです。
その当時から「更科蕎麦」と言うブランド名で、江戸っ子も好きだったようです。

それから信州は自然も豊かで、風景もこれから色彩豊かになり美しくなります。
スケッチもいいですよ。
まっち絵の具をお供に、是非お出かけ下さい。

昔はここ信濃(しなのとも言います)ではお国自慢として
「月と仏とおらが蕎麦」と言ったそうです。
(月は姨捨の名月、仏は善光寺の阿弥如来)
今は一つ加えて「信濃では月と仏と蕎麦とおらがまっち絵の具」と言いたいところです。すみません。

at 20:43, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -



夏の終わり、9月にもなると悩ましいのは 蚊 です。急に増えます。
工場でも、自宅でも草を刈ったり、取ったりしているとよく刺されます。
腹が立ちます。
水たまりもないのに不思議ですが、草むらも居場所になりますからね。
蚊も子孫を残すため懸命だとは分かりますが、やはり腹が立ちます。

俳句で蚊は、夏の季語と秋の季語の二つあるようです。
夏はただの「蚊」、秋は「秋の蚊」で、前者は元気な奴、後者は弱っている奴です。
今はもう秋なので弱っている方になるのですが、ぜーん ぜん。
しつこいくらい元気です。
気候がだいぶ昔とは変わってしまったのでしょうね。
今、詠む人は季語を本意どおりにした場合どんな句になるのか、門外漢の私には
分かりません。

ところで、蚊も懸命であり、同じ地球に生きている者同士 寛大な優しい気持ちで
寄り添うように見た方が(一茶のように)良いのか?ちょっと考えます。
それで、そんな気持ちで詠んだ俳句があるのか調べてみました。
結果・・・・・・・・・・見つかりませんでした。(もっと探せばあるのかも)
むしろ、打ったり、つぶしたりしてすっきりした!との句が多くありました。
みんな、腹が立っているんですねー。かゆいですからねー。

そうなると、ここで意を強くして言います。(なんですの?)
蚊の天敵はトンボです。蚊を食べてくれます。
でも今年はまだあまり見ないです。
「助けてー」と叫びたいです。(大げさやなー)

思えば、昔の日本 蚊や蚤と戦ってきました。
明治初期、イザベラ・バードも日本の旅の中でだいぶ悩まされたみたいですね。
その頃と比べればなんてことないですよね。
付き合っていくしかないですね。

そういえば、アメリカの60年代に活躍したシンガー「スキータ・デイヴィス」の
スキータって蚊のことなんですよね。(ニックネームが芸名になりました)
(The End of the Worldが有名です。いい曲です)
蚊ってかわいいのですかね。アメリカでは。

at 17:47, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

すじ雲



今年の夏は、雨が続き天候が不順で、夏らしいスカッとした天気がありませんでした。
多分、海や屋外でのレジャーに行けなかった子供たちやご家族もいらっしゃると
思います。
消化不良のまま秋を迎えるなんて、ちょっと心残りですよね。
でも、まだ夏の名残もあります。
何か楽しいことを見つけて、遊びたいですね。

そんなことを思っていて、昨日の夕方ふと空を見るときれいな空。
何と雲がもう、すじ雲(巻雲)になっているではないですか。
あーやっぱり秋になってしまうのだなーと、知らされた気分に。

でも、そのすじは幾重にも重なり、まるで岸辺に寄せる海の白波のようです。
秋の空ですが、夏をイメージさせる雲。逆さ海。まだ夏じゃん。
ちょっと嬉しくなりました。
その波にイメージを膨らめて頭の中で遊びました。
上のイラスト。(まっちポスターカラーで描きました)
谷内六郎先生のように描けたらいいのですが、味がないですねー。
谷内先生の絵は素朴で、温かくて、懐かしくて、夢があっていいですよねー。

でもポスターカラーは、そんな絵に適していると思います。
捨てがたい素材です。

at 21:04, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

わかやまけん先生



また悲しい知らせがありました。
絵本作家のわかやまけん先生が亡くなられました。
2年前、85歳だったそうです。

作品「こぐまちゃんえほん」シリーズが、あまりに有名ですね。
我が家にもあって、子供が小さかったころ何回も読み聞かせをしたものです。
「こぐまちゃんとどうぶつえん」という絵本、動物の生態を面白く伝えていて、行きたく
なります。カバがウンチを尻尾で撒き散らすなんて当時は知りませんでした。

わかやま先生の本は多分、日本の多くの家庭にあり、読んだり、お話ししてもらったりした
お子さんが沢山いると思います。
国民的な絵本ですね。

シンプルな構成、シンプルな線、シンプルな色彩。
それでいて、伝えたいこと興味深いことをしっかりと伝えています。
子供の好奇心を引き出してくれます。
本当に計算されて、感性に裏内されたセンスが光る作品です。
子供の心をしっかり摑まえて、これからもずっと子からその子にと伝えられ
愛され続ける作品だと思います。

昔、「月間絵本」(すばる書房)という雑誌がありました。
昭和53年2月号に特集で絵本作家115人の紹介があり(錚々たるメンバーです)、
その中に わかやま先生がありメッセージをお伝えになっていました。
下がその記事です。

 「詩人や思想家や文学者のような発想を、シナリオライターや建築家のように計算し、
  演出家やデザイナーのように構成し、画家やイラストレーターのように描き、詩人の
  ことばとデザイナーの感覚で絵本にまとめるということを、一人でやれるような絵本
  作家に僕はなりたい」

先生の目指す完成度が高い妥協を許さない創作意欲が伝わる内容です。
その姿勢、見習いたいです。

わかやま先生、沢山の楽しい絵本ありがとうございました。
ご冥福をお祈り致します。

at 01:02, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

世界陸上 男子400Mリレー



陸上・世界選手権、男子400Mリレー日本男子やりましたねー。
リオに続きメダル獲得、銅メダルの快挙です!
テレビではお家芸と言っていましたけど、もうそんなふうに言って良いのか分かりませんが
世界に誇れるチームとなりましたね。

各選手レベルアップし、決勝でメンバーチェンジができるほど選手層が厚くなって、
得意のバトンパスも磨きがかかり。
日本人の緻密さ繊細さの勝利ですね。
選手の皆さん、サポートされた関係者の皆様、本当におめでとうございます。

ところで、今大会の日本チームのユニフォームは、鱗柄でしたね。
色彩はネットで調べたら(アシックスさんHP)サンライズレッドカラーを踏襲で、
ブラックとレッドをベースに、夜明けから朝日が登っていく力強い様子をデザインしているそうです。
ベタな構成ではなく、鱗柄に色を乗せて構成しているところが斬新ですね。
夜明けの神々しさ 躍動感があり、これからの競技もそんなイメージで展開されるといいですね。
鱗柄を選んだ理由は分かりませんが、能の装束にも使われ古から日本にある柄ですよね。
蛇や龍の化身の象徴、厄よけの象徴だそうですが、関係あるのでしょうか?
(北条氏の家紋は大蛇からですよね。)

オランダのユニフォームも鱗柄で、どんな意味があるのでしょうか?
世界にも古くからある柄なのですが、日本の意味合いとはどう違うのか?
興味のあるところでございます。
もし分かったら目から鱗ですね。

at 02:01, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -