ポールの新アルバム









ポール・マッカートニーの新アルバム「エジプト・ステーション」がリリースされました。
ポールファンの私としては買わねばなりません。
もう48年続けています。ポールとともに歩んでまいりました。
早速購入。

今年76歳のポール、前作の「NEW」(いいアルバムでした)から5年。
どうなんだろうと期待と不安(何しろお年ですから)の心持ちで聴きました。
・・・・・・
うそー!これが76歳?と、驚きました。
ポールらしさを残し、今風のサウンド。新しい。アイデアいっぱい。
なんという才能、音楽の才能は尽きることはないのかなー。
音楽漬けの生活、そのエネルギーすごいです。
風貌は年取りましたが、若いです。あやかりたいです。お年などと言ってごめんなさい。

お見それしました。これは売れるぞと。
何しろ、アメリカではビルボード・アルバム・チャート1位でデビューしたそうです。
どうだ、まいったっか。と誰にでもなく誇らしい気持ちに。
「BACK IN BRAZIL」という曲の中で「一番、一番」と叫んでいますが面白くて。
でもチャートとは関係なさそうです。日系ブラジル人を意識?

ところで、ジャケットの絵はポールが描いたものです。上の絵です。
これもビックリ!
絵の才能もあるのです。少年の頃から絵は好きだったそうですが、40歳ごろから本格的に
油絵を描き始めました。アルバム「ラム」などのジャケットのコラージュも面白いです。
抽象表現主義の画家ウィレム・クーニング(故人となりました)と友人だったそうで、
影響も受けたそうです。デヴィッド・ホックニーとも親交があるみたいです。
天才同士、響き合うのかなー。
1999年には個展も開き、画集も出しました。
ジャケットの絵はその時のものらしいです。タイトルは「エジプトステーション」だそうです。
今回のアルバムのインスピレーションになったのかも。
ビートルズ時代のアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」も
影響しているそうです。過去と繋がってもいるのですね。大天才のキャリアのなせるわざ。
これって、一般の人にもそれなりに出来ることかもしれません。過去を掘り起こして。

しかしジャケットの絵 素晴らしいですねー。何かゴーギャンを連想させる世界観がありますね。
絵は音楽とも密接な関係になるのですね。広がる世界。
いやー、元気をもらったアルバムでした。これからも付いていきますからねー。
個人的な話題ですみませんでした。



at 17:44, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

安野光雅展



安野光雅展に行って来ました。
(信州長野市にある水野美術館で、9月24日まで開催)

水彩画家として若い頃より好きでした。真似もしました。
初めて知ったのは、やはり絵本の作品でした。
だまし絵や、数学、不思議な世界をテーマにした作品、旅や唱歌をテーマに
した作品です。
遊び心がある前者、旅情があり懐かしく美しい自然の後者、どちらも素晴らしいです。
私は風景画が好きなので個人的には後者の旅や唱歌をテーマにした作品が好きです。
テレビ番組の「遠くに行きたい」のタイトル画も好きでした。
植物画も素晴らしいですね。

先生の作品の色彩は、清々しくとてもきれいです。
特に若草色は心が洗われるような思いがします。
構図も素晴らしく、グラフィックの要素も入ってすっきりしています。
大まかに捉えた構成、ち密で味のある線、美しい配色とのコンビネーションがなんとも言えません。
その作風は日本の長閑な懐かしさを感じる風景や、ヨーロッパのおとぎ話のような古い町並みとも
マッチしています。
透明水彩を使っていると思いますが、作品によっては不透明絵の具を大胆に使って、良い効果を
出しているのもあり、うまいなあと思います。

風景画は自分の感性にあった場所を探すそうで、お嫁さんを探すような感覚だと仰っています。
そうですよね、スケッチに行って場所選びも大事なことですよね。モチベーションが違ってきます。
なかなか見つからなくて焦ることもありますが。歩かないとだめですね。

先生は新聞の取材で「絵描きは描くことで磨かれてゆく。描き続けていくことで進歩する。
それしかないですね。昨日より今日がよくなっている今も進歩していると思う。
絵を描いていると、今でも楽しいんです。幸せですね。」と仰っています。
今年92歳になられた安野先生、そのバイタリティと絵に対する姿勢というか、付き合い方と
言うか、もう一体となったその自然体の姿に感服します。
少しでも見習いたいと思います。

ところで今回の展覧会で気になったことがあります。
会場にあった先生の写真のパネル、着ている服が意外でした。
ジャケットはデニムがお好きらしくこれはよく着ていらっしゃるのをテレビなどで拝見しています。
意外だったのは中に着ているTシャツです。
ジョン・レノンのTシャツで、「IMAGINE」と書いてあってその下には雲と青空を映した丸めがね
(ジョンのトレードマーク)そしてその下にはサインが。
ジョンのTシャツを着るなんて、もしかしてビートルズファン?ロックファン?
違った一面を見たような気がしました。真相を知りたいですね。
もしファンでしたら、曲のイラストを描いてほしいです。
ストロベリー・フィールズフォーエバーとペニー・レーンなど良いですね。
しかし、その写真お洒落でかっこよかったなー。こっちも見習いたいです。

at 22:48, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

北海道地震お見舞い申し上げます。



台風の災害に続き、今度は北海道で大きな地震が起きてしまいました。
各地で深刻な被害が発生しています。
改めて自然の脅威を感じずにはいられません。
被災地の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
ご注文くださったお客様には物流の停滞で納品が遅れることがあるかもしれません。
ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承の程お願い申し上げます。

北海道は一度友人の結婚式で函館に行っただけで、ゆっくり訪れたことがありません。
自然が豊かで、本州とは違う雄大な景観に憧れます。
一度は行きたいと強く思っています。
そんなあこがれの地が、大変なことになり心が痛みます。
一刻も早く復旧し、平穏な暮らしに戻ることを願ってやみません。

手塚治虫先生に「シュマリ」という作品があります。
明治初頭、北海道開拓時代、広大な原野を舞台に 北海道を愛する一人の男を
中心にくり広がれる歴的ロマン。(昔大変面白く読みました)
その中で地震が描かれています。大きな出来事で物語が大きく動きます。
作中1879年3月23日夕張地方と書かれていますが、史実かどうか分かりません。
先生は北海道の美しい自然を描くと同時に現実として自然の脅威も描いたのだと思います。

開拓時代のことなので、人々の営みや生活基盤はあまり出来ていませんが、それでも
大きなことだったのです。
この度の震災の影響はその比ではありません。
多くの人の生活や命まで奪い相当深刻なものです。
自然の前に人はどうすることも出来ないのでしょうか?
明治の頃から明らかに文明も自然も大きく変化しています。
手塚先生がもし生きていらしたら、今度の災害をどう思ったでしょうか?
考えてしまいます。

at 16:09, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

さくらももこ先生



漫画家さくらももこ先生がお亡くなりになりました。
ちびまる子ちゃんの作者として有名な、国民的漫画家です。
ネットのニュースで知ったとき「いやだ」「うそでしょう?」と思わず心の中で叫びました。

先生への追悼や功績、素晴らしい作家さんであったこと、その死を惜しむ声など沢山報道されています。
皆さんと同じで、早すぎる死に唯々残念な気持ちでいっぱいです。

私もさくら先生と同県生まれ・育ちなので先生とまる子ちゃんに親近感を持っていました。
漫画雑誌りぼんで掲載が始まったのは昭和61年、アニメのテレビ放送開始は平成2年でした。
ちょうど娘二人がそのころ小学生〜幼稚園児で、りぼんを愛読していました。
私は、漫画はたまには見ましたが、なんといってもアニメ放送を家族全員で見るようになりました。
毎週日曜日の夕方が楽しみでした。「踊るポンポコリン」CDで何度聞いたことか.。

まるちゃんへの感想や思い入れは報道で語られており共感しています。
私としては家族で見られたことも大事で、みんな大好きでした。
(子供から大人まで楽しめる作品です)
そんな一時代をまるちゃんと共に過ごすことが出来、良い思い出です。大変感謝しています。
ちなみに、まるちゃんの次に好きな登場人物はゆるーいキャラクターの「父ひろし」です。
でも、まる子の知らない男っぽい世界を垣間見せる回があって印象に残っています。

亡くなられたことを知り無性に愛らしく憎めない まるちゃんが描きたくなり、描きました。
上の絵です。
力が抜け(いい意味で)、ほのぼのシンプルな線、シンプルな構成、ページを開けばすぐに入っていける。
そんな作風ですね。絶対パソコンでは描けない絵です。
またつっこみナレーションが絶妙でしたね。
ちびまる子ちゃんの単行本第6巻のおまけのページで、ご本人が「まるちゃんの顔は単純だから難しい」と
仰っています。
ペンで描かれていると思いますが、本当にそう思いますね。
描いて描いて描いて描いて描いて描いていく中で、スタイルが確立したと思います。
そのページの中で、先生の友人3人が似顔絵を描いています。
おーなり由子先生(漫画家、絵本作家、友人とは知りませんでした)、水沢めぐみ先生(漫画家)、
りぼんの編集者みーやんという方、さすがに皆さん上手に描かれています。
私は描き直せるよう鉛筆で描いていますが、純粋に線の良さは表現出来ていません。
でも描きたい気持ちが高揚し、先生への追悼の気持ちで描きました。
さくら先生、ご冥福をお祈りいたします。テレビ まるちゃん続くそうでよかったです。


at 18:37, まっちブログ, (株)まっち

comments(0), trackbacks(0), -

古本カフェ



古本カフェに行って来ました。
今、古本業界で新しいシステムを展開し注目されている「バリューブックス」と言う企業があります。
そのシステムはNPO支援に結び付けている新しい取り組みです。
「チャリボン」という名のシステムでチャリティーと本を合わせた造語らしいです。
通常古本屋さんはお客様から本を買い取り、その代金はお客様に渡ります。
が、このシステムでは、その査定額がNPO法人に支援金として渡されます。(社会貢献です)
お客様には代金は支払われません。(本の寄贈と言うことになります)
でも本の整理ができ、NPO支援と言うことで役に立っている満足感が得られます。
これは個人的感想ですが、とても良いことだと思います。代金よりも心の満足感の方が大きいです。
事実、「バリューブックス」さんではシステム導入後扱う量が増えているそうです。
お客さんは本を手放しやすくなる、古本屋さんは扱う量が増え売り上げが増える、NPO法人は
資金的に助かる。と「三方よし」らしいです。

この企業、信州上田市にあり主にネットで展開していますが、直接本を持ち込むお店も市内に
あります。それが昨日お邪魔した古本カフェです。
古本の販売とカフェが一体で、建物は古民家(元商店)で味わいがあってお洒落です。
Eテレでやっている「古カフェ」で紹介してもいいかなと思いました。
紅茶もパンも美味しかったですよ。
お店の名は「NABO」と言います。

そうそう、私は一冊購入させて頂きました。「残響」というタイトルで町田康さんが中原中也の詩に
コメントを寄せているものです。
ここに来なければ出会わなかった本だと思っています。絶版の本も貴重ですよね。
本との出会いとして なんかリラックス感があっていいです。
実は本が増え過ぎて、どうしようかと悩んでいましたので、これから徐々に寄贈したいと思っています。
また面白い本に出合うことも楽しみです。

本との出会いは、書店・図書館・古本屋・ネットなどいろいろありますが、それぞれ大事です。
今回紹介したスタイルのお店もその一つとしてバリエーションが広がり良かったです。
「チャリボン」についての詳細はネットで検索してみて下さ

at 12:39, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

無言館に行ってきました。



終戦から73年目の夏です。
あの夏の今頃はどんな天気だったのでしょうか?
今と同じように蝉も鳴いていて、百日紅の花も咲いていたのでしょうね。
でも人々は途方に暮れていたことでしょう。

それが現在は復興し平和な暮らしができるようになっています。
復興を支えてくれた世代の方たちのおかげですね。
感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います。
もっと忘れてはいけないのは、戦禍で犠牲になった人々のことです。
今こうして平和な世の中から見れば、あまりに理不尽な死です。
さぞかし無念だったと思います。遺族の方もです。

芸術の世界でも、同じように犠牲になった方たちも沢山いらっしゃいます。
もっと絵を描きたいと思っていた若人たち。戦没画学生です。
ほとんど20代の若さで亡くなられています。

信州上田市にある「無言館」は そんな方たちの生前の作品を展示しています。
昨日、行って来ました。
(この時期、数年ごとにお邪魔して観賞しています。)

観賞すると毎回そうですが、適切な言い方ではないかもしれませんが普通なんです。
全てではありませんが、ごく普通の日常の芸術作品が多いのです。
(戦争にまつわる現地からの手紙とか、遺品の展示物は普通ではありませんが)
風景画、人物画、植物画、静物画など今の画学生も描くと思います。
作品としては みな上手く、純粋に芸術として感動し感性を刺激するものです。
しかし、これらの作品作成の後に、彼らに悲しい最期が待っていたことに心が痛みます。
そう思うと、残された作品の存在も違う意味で重みをもってきます。
平和な時間の尊さを語りかけてくれます。作品が愛おしく感じます。

自分も絵を描きますので、友達の作品のような感じで見るとより身近に感じ、描かれた
ときの心情や心象に思いを馳せることが出来ます。
彼ら自身の作品への思いも聞いてみたくなります。
作品のタッチや線の抑揚、色彩の工夫、遺品のパレットに残された絵の具のごつごつ、
傷んだ筆先、使いかけの画材など見ていると 生きた証、創作への意欲、エネルギーを
感じます。
戦争さえ無ければ普通に芸術活動ができたのに。
(芸術自体に普通と言う言葉が適切かどうか分かりませんが、何も邪魔するものがなく
打ち込めるという意味です)
素晴らしい作品がもっと生まれていたことでしょう。
そう思うと悔しさも強く感じます。理不尽です。

私たちはこれからも世の中が平和を逸脱しないように、強い気持ちを持ち続けていたいと
思います。
それが犠牲になった人たちの一番の供養になると思います。
普通に絵が描ける幸せに感謝して。

上の絵は無言館の別館「傷ついた画布のドーム」です。
天井に貼られた、戦没画学生のデッサンが素晴らしいです。
(システナ礼拝堂のミケランジェロの天井画みたいに貼られています)
無言館の周りの木では、蝉が激しく泣いていました。


at 01:55, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

視点を変えて





「ぼくからみると」という絵本があります。(上の画像は表紙です)
高木仁三郎 文、片山健 絵、 のら書店)

夏休みのある日、昼過ぎの「ひょうたん池」という池での少年の出来事を描いたもの
ですが、少年以外の生き物に視点と立場を変えると、見方が違って見えること教えて
くれています。
「ひょうたん池」の自然のことですが、視点・立場を変えることは全てに出来ることで、
ものごとを相対的に考える大切さを教えてくれます。

絵は、油彩を使った、生き生きしたタッチで、構図も大胆で躍動感があります。
盛夏の自然の、みずみずしさディープさが伝わってきます。
とても良い本で、お勧めしたく思います。

今、お子様は夏休みの真っ最中、いろいろな体験をして、いろいろな視点で観察したり感じて
ほしいですね。
絵で描くことも、その一助になると思います。

上の絵は、今盛んに咲いているムクゲの花を、視点を変えて後ろから描きました。
いつもは正面から見られている花、背後から見れば、知らなかった構造も分かります。
また、なんとなく悲哀みたいなものが感じられ、人間っぽく感じませんか。
生きていることを感じます。
ちょっと強引であまり良い例ではありませんでしたかね。
(正面の絵は本ブログで以前描いています。2015年7月26日です)




at 03:11, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

高校野球



夏の全国高校野球選手権大会第100回が始まりました。
100年ってすごい歴史ですね、1915年に始まり、途中米騒動と戦争で中断したことが
あって大変残念でしたが、戦後の復興とともに盛り上がって現在に至っていますね。
まさに国民的行事で、日本中が一つになって作り上げてきた歴史です。
大会そのものだけでなく、普段の生活も含めた、選手、家族、学校、地域・・・・全てです。
平和が実感できる、イベントです。
今後も100年、200年と続くことを思ってやみません。平和であっての甲子園です。
今大会は56校の強豪がひしめき、熱戦が期待できますね。
始球式もかつての名選手が出るので、高校野球ファンにとっても楽しみです。

高校野球と言えば、漫画「ドカベン」が思い出されます。
今年6月に惜しまれ連載が終了しました。
あんなに面白い野球漫画はありませんでした。
水島新司先生、ほんとに絵がうまいです。フォームも自然できれいに描かれています。
(野村克也さんにチェックしてもらったことがあると以前読んだことがあります)
ページの構成、コマ割りの斬新さ、大胆さに驚いたこともありました。
漫画は終了しましたが 明訓の選手たち、どこかで今大会を応援していることでしょう。
各地方の代表のみなさん暑さに気を付けて頑張ってほしいです。
さあ、頂点はどこの高校でしょうか?ワクワクしますね。

at 22:43, まっちブログ, 工場長 新井

comments(0), trackbacks(0), -

キカラスウリ



異常な雨、酷暑が続き台風も来て、この夏は異常気象で本当に困惑します。
水害にあった地域の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
早く元の環境にもどることを心よりお祈りしております。

しかしながら、植物は何もなかったように成長をしています。
我が家の傍でキカラスウリを見つけました。
(実と葉の形からキカラスウリだと思います。)

花も今が時期で日没後に咲き、翌日午後にはしぼんでしまうそうです。
白くてスターウォーズのチューバッカのような毛むくじゃらに見えます。
実(み)は食べられ、生薬にもなるそうですよ。

切り取ってきた実は長さ6CMほどで丸く、当然まだ青い(緑色)です。
実の所の葉は、なぜか黄色く色づいていました。(枯れているのか)
秋になると実も葉も黄色くなるのですが、葉だけもう秋。
この暑さなのに、もう秋を連想させ不思議なコンビネーション。
小さな世界の季節のカオス(大げさ?)
まだまだ暑い日が続くと思いますが、やがて来る秋に思いを馳せ
上の絵をスケッチしました。

これから先気候はどうなるのか、この実や葉の世界だけではなく
地球全体がカオスになってしまうのか、心配です。

at 18:50, まっちブログ, 工場長 新井

comments(1), trackbacks(0), -

お客様のお問い合わせについてお願い。アドレス正確に。


日頃よりお客様から様々なご質問やご意見をメールでお寄せ頂いております。
とても貴重なもので勉強になり、大変ありがたく、感謝しております。

ご質問やご意見には、なるべく早くお答えし少しでもお役に立てるよう
心がけております。

しかしながら、頂いたメールアドレスがエラーになってしまうことも
まれにあります。
その場合、お答えが発信できず、とても残念な思いであり、申し訳なく
思っております。

私どもからのお願いですが、メールアドレスは正確に入力して下さるよう
お願い致します。
弊社は、常にお客様に寄り添い身近な絵の具屋でありたいと思っております。
何卒ご理解の程お願い申し上げます。

at 18:00, まっちブログ, (株)まっち

comments(0), trackbacks(0), -